忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
魅惑の?テレワーク
2009年04月17日 (金) 12:07 | 編集
 今年に入ってから自宅でデータ入力の仕事などをちょこちょこやっている。
長期契約は一件あるけれど案件自体がなく現在一回請け負ったきりで、あとは単発ばかり。
こどもを寝かしつけてからなので納期前はちょっと寝不足気味だったりする。

 そんなことをして風邪をひいた日には当然ながら夫からぶーぶー文句を言われるのであるが、なんとその夫がとうとう数日前から在宅ワークデビューを果たした。

 数日前の夜。
夫がお岩さんのような(いや実際お岩さんを見た事はないんだが)目で帰って来てさかんに「目がぁ!目がぁ!」と言っている。インスタント・ムスカの誕生である。

 そうして何度もそのお岩具合を見ろ見ろと勧めるのだ。
夫は怪我をしたり具合が悪くなったりするとその様子をつぶさにチェックしてもらいたがる。
本当にチェックするつもりで見る一回ぐらいはいいのだが、一回見るとなぜか数分おきに「やっぱり変だよね、ここ」と見せられる羽目になる。

「いや、だからさっき「うんへんだね」といったよ」などと言おうものならたちどころに冷たいやつめなどという不名誉なレッテルを貼られるのである。
そのくせ「じゃあ病院行こうよ」と返すと急になにやらゴニョゴニョ言いだし、「やっぱり変だよね、ここ」という確認の語りかけがやがて「やっぱり変だよなあ、ここ」という確認のひとりごとになるのだ。

 しかしこの夜は違った。
やっぱり相当変だったのだ。
5分おきの確認ごとにますます腫れてくる。

さすがの病院嫌いもそわそわしだし、翌朝一番で眼科へ行った。
すると出たのが「検査キットで陽性反応が出なかったがほぼ間違いなく流行性角結膜炎」との診断。

 はやり目。英語でポップアイ。英語の部分は大ウソなので覚えなくていい。
はやり目かどうかの診断には分泌物の培養をするのが一番らしいが数日かかるらしく、短時間でわかるという検査キットでは陽性のはずがそれと出ない場合も多々あるらしい。

しかもはやり目だと最低でも3,4日はウィルスが出続けるらしく人々に感染させる恐れがあるとのこと。
空気感染ではないとはいえ、ひどいときには失明の恐れもあるというこの病気は罹ったら「2週間は休学・休暇をとってください」ということであるらしい。

突然の2週間休職提言に呆然の夫。

 そういえば、と元同僚である私が小さい記憶領域を揺さぶって思いだす。
今まで夫の会社ではやり目になった人…10年ぐらい前に一人いたよ。
眼帯をして「根性で」出社してたよ!ちなみにその人、インフルエンザの時も「根性で」出社してたよ!
今の世の中、そんなのありえない!どうするどうする?

 夫が会社と協議した結果、少なくとも1週間は在宅療養かつ勤務となった。
私が退社してからインフルエンザなどの感染病については社則で1週間自宅待機と定められたらしい。はやり目については前例がなく項目として定められていなかったが、夫が初めてのケースパターンとして今後同様に対処されるのだろう。
さすがだ。というか今時の常識では根性で来いなんておかしいものね。

そんなこんなで在宅で勤務できる手筈を整えてもらい、黙々と仕事中の夫が一日家にいる。
(一部同僚には1週間休暇と思われているらしく、ゆっくり休んでくださいね!なんてメールがたくさんきているらしい。)

 私は家で大人と会話する事なんてほとんどないから夫が家にいるのはなんだか嬉しい。
仕事中だから話しかける事もないのだけども、なんだか嬉しい。
パパ好きのYに至っては激しく嬉しい。気が触れるほど嬉しい。
「パパーァ?パーーーパ!ぱ・ぱーー?ぱぱぱぱぱぱぱ…」
といろいろなトーンでパパラブをアピールしまくっている。
時折怒られて激しく泣いている。
がんばれ夫、耐えろ夫。控えろY。

つまりこの冬二回の嘔吐下痢を経て、また新たなバイオハザードの到来中の我が家である。

…そうして、夫がいる日の昼食に激しく頭を悩ます私だ。
こどもが好きそうなメニュー(ドリア、グラタンなど)は夫が嫌いだし、大人が食べられるメニュー(お好み焼き、焼きそばなど)はUが食べられないのだ。
あーどうしよう。ちょっと嬉しいけどかなり悩ましい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。