忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
最近のU
2008年04月29日 (火) 02:31 | 編集
 4歳10ヶ月。

 Uの赤ちゃん返りが一段落した様子で、次回の嵐に備えていまは静けさが漂っている。
…ということはなく、いや、赤ちゃん返りの一段落はその通りなのだが、あんなに引っ込み思案だったのが嘘のように口達者になってしまった。
ああいえばこう言う。口だけに飽きたらず、注意すれば怒って叩き返す。
なんで叩くの?いけないことを注意したんでしょう?ゴーオンジャーならそういうことはしないでしょう?と言われないとゴメンナサイが言えないのだ。反抗期真っ只中。
ママ友にもフフフと
「Uくんて弁が立つよね」
と言われたが、ああ、物は言い様。最近となっては親にだけではなくよそのお母さん方にまで偉そうに言い返したりするのでもう冷や汗をかきながら頭を下げながらの毎日。

 思えば小さい頃の自分そのままのような気もする。
「ほんと、誰に似たんだかねえ」
と相方がにやにやと私をみやる。クッ。悔しいが確かに私だ。

 Yが可愛くて仕方ない様子のは今でも同じだが、見ているとUの中でのYの位置づけが「新しい、声が出て動くおもちゃ」のようになってきている。
Yはインタラクティブおもちゃか?
誰よりもYをうまく笑わせられるんだ…そんな自負の上で日々遊んでいる様子。
そのため、たまにYの気が空腹や不快など他のことに向いていると
「…もうYちゃんはUのことなんか嫌いになっちゃったんだね!Uがお話ししても笑わないんだから!」
などと拗ねている。
そんな発言があまりにもバカなのでもうほんとにバカだなあバカバカと思いながらUの頭をもしゃもしゃにしてしまう。
一方で、お調子乗りのUは構い過ぎてYを泣かしてしまう。本人は楽しいつもりなのだがやりすぎてしまうのだ。
そんなときは、やはりあまりにもバカなのでもうほんとにバカッと思ってついUを頭ごなしに怒ってしまう。これは私の反省。

 昨年暮れにかかった滲出性中耳炎はいまだに治らず、毎週耳鼻科通いだ。
途中1ヶ月ほど、薬の副作用で食欲が異常に落ちてしまった時期があった。
当初原因が分からず朝食も牛乳を一口だけ、となるに及んでようやく副作用に気づいて薬を換えてもらったのだが、そのせいでかなり胃が小さくなったのか、食が細くなってしまった。
普通の幼児並みになったのだ。弁当箱も500mlから280mlへ。

 さて、Uは幼稚園に入ってから市販のお菓子を覚えた。
幼稚園の預かり保育のおやつでポッキーの小箱などが入っていたのだ。
預かり保育の初日、市販のお菓子が出ると聞いていた私が気になっておやつの時間前にUを園まで迎えに行ったのだった。
家に帰るとしばらくじっとポッキーを観察し、ややあって「ああ!なるほど!」という表情でポッキー2本を持った。

箸の持ち方で。

 そうしてそのポッキー2本で、隣に入っていたクッキーを摘み取ろうとしていた。
…うーむ、そうきたか。世の中に触れさせなさすぎるのもよくないな。
即座にポッキーは先の黒い箸ではなくそれ自体が食べ物だと告げる私。驚愕し揺れるU。目の前で食べてみせ納得させようとする私。食べ物であると納得するU。そうして「なんでボクのおやつを食べちゃったの」と怒られた私。

 以来Uはチョコレートなる神秘的な舶来の黒甘味に骨の髄まで取り憑かれ、しばらくはスーパーのチョコレートコーナーの前で何か壊れたおもちゃのように
「これかってーこれかってー」
と泣き叫んでいた。
最近はようやく「いくらほしくても買ってはくれないのだ」ということは覚えたようだ。ただ絶対ダメではなく「たくさんのお友達と遊ぶような特別な日」に買えるというスペシャル特典がある、という理解をしてくれるようにもなった。

だから、Uは今日もスーパーへ行く。
ウィンドウショッピングをしに。

…チョコレートのウィンドウショッピング、見たことがあるだろうか?
いや大人ならゆっくり歩きながら「へえこんな新製品出たんだ。今度買ってみよう」とか思うこともあるかもしれない。
4歳児のウィンドウショッピングはこうである。
「ママ、みて、このマーブル。(ここでゴクリ、と喉を鳴らす)おいしそうだねえ。
あ、このぺろぺろチョコっていうのはアンパンマンの形だよ。あれーいろいろあるね、後ろを見ようかなあ。あ、ドキンちゃんとかメロンパンナちゃんとかもあるねえ。あ、商品に触ったのは後ろを見たかっただけだからね。

 今度買えるときはまずこのぺろぺろチョコのドキンちゃんを買おうね、おいしそうだからね。
はーい、わかってますわかってまーあーす。今日は買わないんでーす。それは知ってまーあーすー、だ。
そうして、ぺろぺろチョコを食べたら今度はこっちのマーブルを買って、それからこっちのポッキーっていうのを…」

…うち、マーブルチョコ(69円)を買えないほどビンボーなのか?なんでそんなにひもじさ満点?

 そんなU,先週末からなぜかこんな時期に胃腸風邪にやられている。
世間からずれるにもほどがある。
そうしてお腹をこわしてほとんど何も食べずにすでに今日で5日目、早く治らないかなあ。
ゴールデンウィークというのに籠もりきりになりそうな予感。

治ったらスペシャル特典でチョコレートの1つぐらい、食べようか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。