忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
きたよきたきた
2008年03月27日 (木) 23:22 | 編集
 Cookieと電動自転車が来た!Cookie、早速試乗(*)。

 (*)もちろんYが。

重い。前使っていたバギーと比べちゃうからいけないのか。
重いけど小回りは利く。あと太くて大きな経の車輪、いいなあ。砂利道でもがたつかない。
気になっていた色も、シャンパンベージュなんていうからもしかしたら中流家庭にはそぐわぬ、ありえないきらめきを燦々と放つ神々しさでは…と思っていたものの普通に明るいクリーム色系ベージュだった。よかった。

 電動自転車は大人の男が4人ぐらい詰まっていそうなどでかい箱に入って組立済みの状態で配送された。
玄関の前で開梱、箱潰しをやるしかなく、近隣の人々にまじまじ観察されるはめに。

 ああ、こっちは試乗はすぐには無理だ。
チャイルドシートがないからUとはまず無理。
そのUがせめて義父母世帯で留守番できればいいんだが、できないから一人も無理。
普段はあんなにネジが外れたかというぐらい大喜びで遊んでいるのに。
先日も、大雨の中UとYを連れて役所巡りをしなければならなくなり、こっちが泣きそうになりながら
「お願いだから一階で留守番してくれないかな。」
と懇願するも、
「できないよ、おうちにママもパパもいなかったら淋しいよ」
と泣き出される始末。

自転車、乗りたいなあ。まあそのうちいやでも乗るんだろうけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。