忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
新築6ヶ月
2008年03月02日 (日) 15:34 | 編集
 竣工から早6ヶ月。たぶん家関係の記事はこれが最後じゃなかろうか。

 まだ家具など全部が揃っていないのだけれど、わが家という実感が湧き、家にはいると落ち着くようになった。ただしまだ段ボール箱はLサイズのものが何十箱と山積みで、一部屋を占拠している。

 建てている最中心配していた階段やリビング、ベランダの狭さは、いざ入居すると全然想像と違っていた。
ここでいう「全然想像と違っていた」というのは、ベランダだけが劇的に狭かったという意味なんだけども。
 階段も、手すりをつけてもゆとりがあったし、リビングも、いずれ一部を独立した部屋にしたとしてもこれだけあればわが家には充分だと思っている。

 相方の後悔点は別にあるようだが、私の後悔がベランダ。
確かに、設計の段階で「ベランダの奥行きはどのぐらいになりますか?」と聞いたとき設計士が「70cmほどだと思います。洗濯物は干せないことはありません」と、なにやらひっかかる物言いをしていたのだ。
ああ、なんであのときその含みに気づかなかったのか。
建てている途中で相当狭いことに相方が気づいた。計ってみたら有効幅60cmほどしかない。
シャッターの出幅分がベランダを圧迫していた。もちろんシャッターに罪はない。

 以前に住んでいた賃貸が有効幅90cmだったのでこの狭まり具合はかなり大きい。
しかも、そんなこととはつゆ知らず物干し竿掛けを家屋側の壁からアームを出すタイプではなく、ベランダの外壁内側から出すタイプにしてしまったのだ。
狭くて低いベランダ。
何が起こるかというと…そう、世に言う木人拳状態。
どんなに気を付けていても後頭部や、こめかみなどをいやというほど物干し竿に打ち付ける。
強くなるためのジャッキー・チェンの苦しみがいやというほどわかる主婦となった。
しかし強くはなっていない。

 ベランダに出て物干しができないので、最近では部屋の中から干すことになっている。
そういう煩わしさにも最近ようやく慣れてきた半年目。

 相方が「今度建てるときはベランダは広くしようなあ」と言ってくれた。
でもね、今度って、もうないでしょ。もう慣れたからいいよ。
と言ったら「まあなあ、今度…うーん、生まれ変わって結婚して家建てることになるまで、覚えておこうぜ」って、生まれ変わったらやり直すのは家を建てるところからでいいのか?

 とりあえず愚痴はそこだけ、上記の通り諦めを通り越して慣れてきたのでこれで終わり。
環境的には今のところ近所の人もいいつきあいだし、相方の親世帯ともいい感じでつかず離れずだし、お買い物も不便はないし駅もコンビニも近いし、特に不満はなし。
あ、衣類の買い物だけは不便になったかな。以前は最寄り駅で買えたので。

 家の中はというと、トイレとキッチンに関しては、相方が”一番使うのは一日家にいる(ともぞう)だから”と随分私の好きにさせてくれたのでとても使いやすい。
 トイレとキッチンとお風呂場、ここに関しては「普通はしない」ということを、どうしてもという私の強い願いで施行してもらった点がいくつかある。
ひとつひとつは割と小さいことなのだけれど…たとえばトイレのドアを脱衣所に面さないようにするとか、トイレ内に独立した手洗い場を設けるとか、お風呂場内の設定パネルをドア近くに設置してもらうとか、キッチンに明かり取り窓を入れるとか。
そうしたことは設計士の方から「普通はしない」「無駄」「意味がない」と言われたことだったけれど、結局日々使うのは自分たちだからこだわる部分は強行してよかったなと思う。
というか、強行させてくれてありがとう、相方。

 気になっていた日当たりは、12月後半~1月後半の1ヶ月間、ベランダに日が当たらない時間帯が長らくあることがわかった。
部屋の中には日が差すのだけれど…あとちょっとというところで3時間ほどベランダに全然日が当たらない。
というわけで、この時期は厚物は乾燥機へ、お布団は違う部屋の窓から!
窓から干し、相当格好悪いけれどね。まあ通りから離れた部屋だしまあいいか、とあまり気にしていない。

 というわけでわが家のマイホームづくり教訓としては
1.ベランダは有効幅90cmはとれ
2.やりたいことは費用対効果がよほど低くなければ実行しろ(毎日使うのは自分たち)
3.子連れのマイホーム打ち合わせはタイヘンだ!
…てところ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。