忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
こりゃたまらん(U)
2008年01月19日 (土) 02:34 | 編集
 U、4歳6ヶ月。

 Yがうまれて嫉妬するかと思ったが、Yへの直接的な攻撃はないどころかかいがいしく面倒をみている。もうかわいくてたまらないらしい。
そうしてまたそんなUの様子が愛らしくてたまらない。

 先月Yが風邪を引いて小児科へいったときのこと。
鼻水を吸うため吸引器の細長いノズルを鼻の穴に突っ込まれたYが、ふが!と泣き出した。
瞬間、そばで待っていたUが
「しちゃだめーーーっ!Yちゃんが!」
といってノズルを引き抜こうとした。
慌てて、Uにお鼻の苦しいのを治すものだし、ちょっとびっくりしただけで痛くはないんだよと説明すると照れたようにおとなしくなった。
後で聞いてみると、どうやらYが恐い目に遭っているので助けなくてはと思ったらしい。

 そうしてYが寝返りをうつようになった最近は、遠く(ってせいぜい3m)から様子を見ていると
「まーYちゃんコロリン上手ねえ」
と小さい声で褒めて頭をなでていたり、一緒に転がっていたり、感極まって頬にキスしていたり。
腹ばいのYがお乳を吐くと急いでティッシュを持ってきてはトントンと口の周りを拭いてあげたりしている。
そうして「そろそろ戻して」とYが泣き始めたので戻しに行こうと私が一歩踏み出したその瞬間
「わかったわかった、戻りたいのねえ」
とドーーーーン!と肩を一突きして戻してあげたりしている。
ありがとう、U。でもドーンはいかんドーンは。

 極めつけは、何度も床に転がされてはさめざめと泣くYを見て
「ねえママ、そろそろYちゃん抱っこしてあげたら?抱っこしてーって泣いてるよ?」

…はい、ごもっともです。(肩が痛すぎておんぶが辛いんだけどね、確かにね)

おにいちゃんぶりが愛らしいったらもう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。