FC2ブログ
忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
聞こえないはずだ
2007年12月24日 (月) 01:37 | 編集
 昨日、ようやくUを耳鼻科に連れて行った。
結果:滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)。つまり痛みのない中耳炎で、耳の奥には水が詰まっているらしい。
道理で聞こえないはず…。怒って本当に本当に悪かったよ、ごめん、ごめんね。

 待合室で待っているとき病院の壁にある(眼科なら)目の断面図や(耳鼻科なら)耳の断面図を見るのはなんだかとても楽しい。
今回もなんとなく楽しみだったのだけれど断面図はなくて、代わりのポスターは1つしかない医院だった。
"幼児のお母さん、ご注意を!"
あらわたくし幼児の母でしてよ?と読んでみると
"次のような症状はありませんか?"
"・テレビの音をあげる"
"・声を張り上げる"
"・後ろから読んでも返事をしない"
"・会話の途中で何度も聞き返す"
ちょっとちょっと。うちのUをまた24時間監視してる人がいますよ?とデンパがかりながら続きを読む。
『そんな症状があったら滲出性中耳炎を疑ってください』

ええええ?
それまで「耳掃除が入り口付近しかできていないのできっと奥に親玉が眠っている」ぐらいにしか思っていなかった私であったが急に目が覚めた。
いままでUが中耳炎とは無縁だったのですっかりそんな可能性があることを忘れていたのだ。
そうして案の定、名を呼ばれて中に入りいろいろな機械をあてがっては計測してもらった結果…先生曰く「鼓膜が振動していませんね」。

 Uの場合風邪をひき、長らく鼻水が止まらずにいるのだがティッシュで鼻をかむことができない(Uにはまだ難しい)ため、ずっとすすり上げていた。
それにより鼻の奥が腫れ、鼻と繋がった耳がふさがり中に粘液が貯まってしまったらしい。

先生は
「本当は鼓膜を切開して中のものを吸い取りたいんだけどこれじゃやらせてもらえんだろうし…カテーテルを入れるか。」
と、細い金属管を鼻に入れようとするのだが、それをみた途端、それまでご機嫌で
「くすぐったいよー。えへへ、でも全然大丈夫だからー」
などと余裕の表情だったUが突如恐慌に陥り
「いやー!こわい!いたい!こわいこわいこわい、やめて、おねがいやめてーー!」
と泣きだした。
「鼻から空気を入れて耳の通りをよくするんだよ」
という説明にもおねがいやめて、こわいからーと泣いて暴れる。

 結局カテーテルは入れられず、その代わりにカメラのブロワーが拡大コピーで400%ぐらいに大きくなったようなものの先を鼻に入れ、Uに「がっこう」と言わせて「が」の音に合わせて空気を送り込んでいた。これまたUは恐いやら不快やらで泣いたのだが、言わないと帰れないと悟ると怒り泣きしながら「がっこう!(もう!)がっこうーっ!」と叫び続けていた。
先生曰く「カテーテルの方が通りがよくなるんだけれど、やらせてくれないしねえ。」とのこと。

 治療は長らくかかるらしい。いろいろ調べたが、数ヶ月かかる場合もあるとのこと。
諦めずに根気よく治そう…。

 それにしても、処方された薬2種のうち、クラリスロマイシンDS10%小児用(日研製)がえらく苦い。苦い、といっても私は臭いを嗅いだだけなのだが、おそらく非常に尖った刺激の様子。味そのものの問題ではなく薄めても何かにまぜても刺激が舌を刺すのでちっともごまかせない、幼児にはかなりきついもののようなのだ。

 最初水に練り込んでみたが嗅ぐなり半べそ、一舐めして大泣き。なんという威力か、クラリスロマイシン。

 それから30分間なだめなだめて飲まそうとするがどうしても飲まない。
相方がジュースに混ぜようと言い出した。たぶん混ぜるだけ刺激が引き立って辛いよと説明してみたがよくわからない様子。混ぜよう、いや混ぜても、いや混ぜよう、いやいや混ぜても、と「いや」の数ばかりが増え埒があかない。
相方が納得するかと仕方なくジュースに混ぜてみたが、やはりUが泣きながら舌を掻きむしる。
「ジュースが苦くて飲めないって言ってるだけなのにー」
なんという苦さか、クラリスロマイシン。

 改めて相方に苦みについてあれこれ説明をしたがやはり平行線。
「溶かすジュースの量が少ないからだ」などといってジュースを増やしてしまった。
私の思う味なら、苦痛が増しただけのはずだ。案の定少し飲んでまたもUは舌を掻きむしってヨヨヨと泣き崩れた。こちらの事情とはいえ後の予定もあり、時間ばかりが経過する中段々ぴりぴりした雰囲気に。もはや笑っているのは4ヶ月児のYだけである。

 何かネットに答えはないかと検索したらどうやらこの手の薬では日研製が一番楽な味らしい…。なんてこった。
かれこれ1時間以上飲まないのでそうか持久力を高める薬か、クラリスロマイシン。と勘違いさえ起こしそうになっていた。

 その間、何度か苦みについての説明を試みるのだが相方がちっとも受け入れないのでこちらもイライラが募ってきた。
つい声を張り上げそうになった頃、相方が意を決して溶かしたジュースを一舐め。
「…今わかった。これはこどもには無理だ。飲めねえよ。」

 ようやく作戦を変え、何かに溶かす(混ぜる)、のではなく何かに挟み込めばいいんじゃない?と相方。舌に薬を触らせないようにする作戦だ。おお「これがいかに苦いか」と言い張るばかりの私とはこういうところが違うんだよな。

しかし薬は一回分が1.8gある。見るからに多い。
オブラートはUには難しいし小児用薬飲みゼリー?も混ぜる系だと思うのでなし。
どうしようと時間ばかりが経っていた頃、相方がひらめいた。

「ヨーグルトに挟まない?」
つまりこうだ。アイスものどごしはいいから口にしてくれるとは思うが少々固さがあるし甘いので舐める可能性があるからダメ。ヨーグルトなら柔らかいし、噛むものではないのでおそらく飲むだろうと。
ただし、量が多いからと数回に分けると途中で薬に気づく危険性がある。1回で全てを終わらせないといけない。
そこでカレー用スプーンにヨーグルトを薄く敷き、真ん中をへこませてそこに薬を山盛りに。
それから周りと薬の上部にヨーグルトをまた乗せ、ならす。
ヨーグルトの皮と薬の餡でどら焼きを作るような形である。
「万が一口の中に直接薬がついたときのためにジュースを用意しておこう。」
…なんとスリリングなどら焼きか。

 祈るような気持ちで見ていると、それまで泣いていたUがわーいといいながらほぼ一口で薬を食べた。そうして「えー飲んでいいの?」と大喜びでジュースも飲んだ。
ああ…よかった…。全身脱力状態。
とりあえずこの作戦でなんとかしのげそうである。
5歳児並の体格だからとれた作戦かもしれないが、苦い薬にはどら焼き作戦が有効かも。

 ちなみにうまいことしてやったという風に書いてはみたが、実際この「ヨーグルトどら焼き」を作ったのは相方である。
2回目の投薬の際「まかしてよ」とフフンと鼻歌まじりで(?)私が作ったどらやきは餡(当然薬=劇的に苦い)がサイドにはみ出ており、さながら「ヨーグルトウェハース」であった。
しょっぱなから相方に駄目出しを喰らった。
ついでにいうと「万が一の時のために」ジュース少量を用意しておかないのもダメだったらしい。

明日から、大丈夫だろうか、自分…。Uのためにもどら焼き作りの急速スキルアップが必要だ。
コメント
この記事へのコメント
ああああ!中耳炎でしたか。。。
記事を読みつつ一瞬、中耳炎?と思いながら
最後はちゃんと聞こえてるのねと思って
ウチと同じく『わざと』かと思ってました。。。すみません。
ウチも中耳炎、ちょくちょくなるんですよぉ。
保育園行きだしてからわりと頻繁です。
耳鼻科は大ッ嫌いで泣き喚きます。。。

クラリス苦いみたいですね。
るかぷーは薬全般わりと平気な子で
「苦いわ」と言いながら飲んでますが、
どら焼き作戦がこのままうまくいきますように!
2007/12/24(月) 10:52 | URL | ももた #bDZ5zGMg[編集]
お大事に!
確かクラリスは柑橘系ジュースやヨーグルトに混ぜると苦みが強くなるんじゃなかったですか?
よっぽど上手に作られたんですね、ヨーグルトどら焼き!

うちは抗生剤系は全く飲んでくれません(^^;)
もうちょっと小さい時は無理矢理口にいれたりしてましたが、味覚がハッキリしてきたある時、飲ませた後に吐かれちゃって(汗)
それ以来無理矢理飲ませるのは止めました(^^;)

でも何に混ぜても苦いんですよね~。
アイスやチョコレートシロップとかいろいろ試しましたが、私も舐めてみて「こりゃダメだ」ってのばっかりです。
混ぜてから時間が経てば経つほどどんどん苦くなるので、飲ませるのに手間取った時は諦めるしか無いです(汗)
この頃は病院で「飲めません」と申告してます(大汗)
2007/12/24(月) 11:26 | URL | Sagiri★ #k2kGAUZI[編集]
■ももたさん:
いえいえ、実際にそばにいる私ですらもしかしてわざと?と思ったりしてたぐらいだから、私の拙い文章じゃますます伝わらないってもんです。
私も今回初めて知ったんですが中耳炎て「うつる」ものなんですねえ、これからはうちも頻回なるのかなあと覚悟してますわ。
どら焼きしなくてもお薬のめるるかぷー君かっこいいいいいい。うちは薬飲む前にるかぷーくんの爪の垢を煎じて飲まなくちゃ(笑)

■Sagiri★さん:
あれ?その混ぜちゃダメリスト、どこかで読んだぞ…と思ったら…ああっクラリスロマイシン、前も処方してもらってた!(お薬手帳見て思いだした始末)。
その時もらった注意書きを見たらSagiri★さんが書かれたまんまのことが書かれてたんだっけ、あほだ、自分!
…(猛省)…というわけで、ヨーグルトは即やめました。
教えてくれてありがとう~。わが家は今はアイスに混ぜてなんとか飲んでます。
で、どうしても飲めません、と言った時、代替薬はあるのかしらん。
2008/01/11(金) 16:56 | URL | ともぞう #dylcUVVo[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。