FC2ブログ
忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
朝の行事
2007年12月19日 (水) 12:23 | 編集
 もう最悪。朝からUに怒鳴り散らしてしまった。
Uの反抗期と赤ちゃん返りビッグウェーブ第?波(いくつめ?)が来ているのはかねてから書いているとおりで、それを指摘されそうかそうかと書いたのもつい先日だというのに。

 最近のUのこだわりの1つに私と一緒に目覚めたい、というのがある。
とはいっても私は朝食の支度のため皆より早く起きなくてはいけない。
40分程度とはいえその分ゆっくり寝ていたほうがいいと思う。
そんな親心でそうっと寝室から抜け出て朝食の支度をしていると、寝室からUの
「ママと一緒に起きたかったのに!!!」
という絶叫が聞こえてくる。
こうなると15分は涙と鼻水と「ままといっしょにおきたかったのにままといっしょにおきたかったのにままといっしょにおきたかったのにま(以下略)」というエンドレス号泣である。

 (*)強調ではなく、ほんとうにこうやって文章の区切りなく叫ぶ。

 日中落ち着いている時間帯を狙って、私が朝ご飯を支度しないと誰も用意してくれないこと、寒いしゆっくり寝ていた方がいいこと、キッチンでご飯を作りながらUが笑顔で「おはよう」と言ってきてくれるのを待っていること…などを話し、「だからママは先に起きるけどいい?」と尋ねるのだが決まって涙ながらに「いやだ。どうしても一緒に起きたいの。」と言う。

 そこで今朝は、毎朝Uの絶叫で起こされ頭痛を起こす相方と一緒にUを揺り起こしてみた。
するとどうだ。
「おはよう…あのね、手を繋いで。ずっと一緒にまた寝ようよ。」
いやあのね、ママ朝ご飯の準備をしないといけなくて、いま起きないと間に合わないの。
この時点で10分経過しているのだ。あと30分。
「いやだ。寝ようよー。」
「だったら寝ていていいから、ママは先に行くから。」
「いやだいやだ!先に行かないで!」
ようやく起きだしたがとにかく機嫌が悪く、私が先にトイレに行ったと言っては泣き、泣いた涙を私が拭いてくれないと言ってはまた泣く。

 ようやく朝食を終え、相方を見送りUの出かけ準備を、と思うといよいよ出る。
「あのね、Uね、遊び終わってから歯磨きしたいの。」
それにしても朝食を終えてから随分経っているのだ。もう出ないと園バスに間に合わなくなる。

 ところでここ1ヶ月ほど、Uへの声が極端に届きづらい。
呼びかけても話しかけても無視して遊んでいる。最初は熱中して遊んでいるのかな?と思ったが面と向かって話していても話している最中に「え?なんて?」と聞き返される。
耳掃除はしているがもしかしたら耳の奥に親玉が潜んでいる可能性がある。
今週末耳鼻科にいくことにしたが、いずれにしても今現在は聞こえづらい状況。

「U、あのね、今歯磨きしないと園バスに間に合わないよ?」
Uはぶーんぶーんとトミカで遊んでいる。
「U?」
ぶーんぶーん。
「U---U!」
「え、なに?」
「あのね、今歯磨きしないと園バスに」
「え、なんて?」
「いま、はみがきを、しないと」
「まだ遊んでたいもん」
「でもね、もう園バスが」
「え、なんて?」
「え・ん・ば・す・に・ま・に・あ・わ・な・い・よ」

ようやく歯磨きを終えるが今度は口もゆすがず遊び続ける。
「口ゆすがないの?」
ぶーんぶーん。
「U、口をゆすが」
ぶーんぶーん
「U?」
ぶーん
「U----U!!?」
「え、なに?」
「口ゆすがないの?」
「ゆすぐよ。」
「じゃあゆすぎにい」
「え、なに?」
「口をゆすぎにいくよ」
ぶーんぶーん。

とりあえずYも抱っこ紐にいれないといけないので歯ブラシを洗面所に置きに行った。
するとU号泣。
「Uが先に洗面所に行くって言ったでしょう!!!!」
知らん知らん。

「あのねえ、だったら一緒に来ればいいで」
「え、なに?」
「だっ・った・ら・いっ・しょ・に」
「え?なーーに?」
コントなら笑えるが自分の身に実際降りかかると相当堪らない。

「だから!先に行くなと言うなら!」
「怒らないで言ってえええ」
「(すごくプルプルと自分を押さえながら)さ・き・に・い・く・な・と・い」
「え、なんて?」
「さー!きー!にー!」
「(号泣)怒らないでいってえええええええ」
「だからね、先に行かないでって言うならね」
「え、なに?」
「さあああああ!きいいいいい!にいいいい!」
「いやああああ!怒らないで言ってええええ!」

狭量ですまない。でも私はここでブチンと怒ってしまった。

「もういい!今頭に血が上ってるからあとで落ち着いてから話す!」
「いやああああ!いま!いま話して、いまあああ!」
…て聞こえてるじゃん!

「だからね、今ママにおこりんぼの虫がついてるからあと」
「いやあああ!いま!いま!いまあああ!」
「うん、だからね!さっきは『いっしょにいこうよ』って言っ」
「え、なんて?」
「一緒に!行こうよ!って!」
「怒らないでエエエエエ」

「もう!!!いい!家、出る!バス、出る!」
もう怒る、あまり、日本語、おかしい。インド人、ウソつかない。
「いや!いや!いやああああ!」

…というわけで何がなにやらわからないままバス停に到着したが、涙顔を見られたくないらしいUがバス停から逃げ回り、ようやくバスが来るも今度はバスから逃げ回り、号泣のまま先生に抱っこされて(暴れ暴れて車内の園児達はポカーン顔だしUはお腹全開)強制登園に至るのだった。

ああ、なんでこんな狭量なんだろう。
Uごめん。だけど朝は時間が限られているんだよ、本当にわかっておくれよ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。