忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
遊喜庵 カレーうどん試食レポート
2007年11月04日 (日) 02:20 | 編集
 面白そうだから、とB-Promotionのモニタープロモーションに参加して数ヶ月、ようやくの初参加レポートは水沢うどん専門販売店『遊喜庵』のカレーうどん4種食べ比べセットの試食である。

 水沢うどん、今回初めて知ったのだがwikipediaによると

群馬県渋川市伊香保町水沢特産のうどんである。 讃岐うどん(香川県)・稲庭うどん(秋田県)と並び日本三大うどんと称される。

らしい。うどん派としてはここは押さえておかなくては。
というわけで早速サンプルを入手し、茹でる。

ぐつぐつ。


ゆで時間は5分~8分とあるので初日は7分にしてみた。
湯気。

若干太めの平たい麺である。この時点で麺だけ端を齧ってみた。
…いや空腹ではあったがお腹空きすぎて、とかそういうわけじゃない、そういうわけじゃないったら。
とにかく麺はしっかりこしがあり、もちもちしている。私はもっと固めでもいいかな。
次は5分にしてみよう。

 初日は本格キーマカレーソースを選択。
よく混ぜた後。
ごろりと入っているのは大きな舞茸。

少し悩んで、今回のレポートでは試食ということなので一切の香味野菜は入れないことにした。

 レトルトの封を切るとふわっとガラムマサラの香りが広がる。おお、久しぶりのこの香り。
見た感じでは挽肉の量がかなり多い。肉厚な舞茸(断定して書いているけれど、多分…。違ったら申し訳ありません。)がごろりと2,3入っている。
食べてみると、ほどよい辛み。市販のカレールー中辛がもう少し辛くなったかな?程度。
個人的には舞茸は大好きだしスパイスも選ばない食材だろうとは思うけれど、このカレーうどんには不要かな、と思った。
 キーマとはいっても適度にカレーソースの水分もあり、よく麺に絡んでくれたので味わって食べられた。キーマ+和風だしの香り、うーん不思議、なのにおいしい。
最近授乳中のため異常食欲か、というぐらいよく食べられるし普通の一食だと満腹にならなかったりするのだが、これは一食分で満腹。ちなみに麺は150g、カレーソースは190gだ。

 翌日。辛いと噂のガラマーチャカレーに挑戦する。麺の茹で時間は5分にした。


封を切った瞬間、普通にカレースパイスの香りがした。
大きな煮豚が2つ入っている。脂身のとろけ具合に思わずゴクリと喉が鳴る。
なんだなんだ及び腰だったけれど問題ないじゃないか、と一口すする。
うーん、やっぱりこのぐらいの固めが好きだな。以降5分茹でに決定した。
辛さはね、ああ、私辛いの平気だからね、全然大丈夫だわ。

…と思い二口目に入ろうかとした瞬間のこと。
ガハゴホゲフッ。むせた。辛い。相当辛い。額から汗が噴き出た。こんなのは初めてだ。
二口、三口…食べるごとに汗が出る。この日の東京はかなり涼しかったのに一人家の中で蒸し風呂状態。
しかも、辛すぎて、なんというか鼻が緩く…。そんなわけで鼻やら汗やらを抑えながらの忙しい試食となった。
辛いのは結構平気な方だが、それでも辛すぎてカレー本来の風味がよくわからなかった。(負けた…)辛さは市販ルー中辛とくらべて5ランク上ぐらい。って自分でもそのランク付けがよくわからなかったが、たぶん市販ルーの辛いレベルは楽~に越えている。
ただそんなに辛いのに後からふうっと和風だしの香りがするのが面白かった。
煮豚は実に柔らかい。脂身の割合も多すぎず少なすぎず。豚の風味がカレーに負けていない。手間がかかってるなあ。

 三日目。この日は家族がそろったので、一気に二袋を開けることにした。
昔なつかし和風カレー

牛肉とろとろ本格カレー


 前者を私とUが、後者を相方が食べることに。
昔なつかし和風カレーは、名前の通り昔ながらの「うどん・おそば屋さんのカレーうどん」の味。
辛さは市販ルーの中辛より若干弱め程度でUもおいしいおいしいとあっという間に完食した。
だしが活きている。前日ガラマーチャカレーを汗だくで食べながら「なぜ人はうどんをここまで辛くして食べたいのか」とかなんとか考えながら食べたというのに、あの刺激が強すぎたのかなんだか肩すかしを食らったかのよう。爽やかさすら感じる。

 相方の方はどうかなと見ると…汗だく。
「そっち、どう?」
と聞くと
「うまい!だけど…すげえ辛いよ。」
ソースをもらって飲む。
まぁた、このぐらいで辛いとかなにいっ、ガハアッ

本当だこりゃ辛い。ガラマーチャカレーの一歩手前ぐらい辛い。
しかし相方はその後も汗を吹き出しながらソースまで全て飲みきっていた。

 今回の4パックで個人的に一番おいしいと思ったのは特製キーマカレーソース
舞茸の出現には最初「なぜ?」と不思議だったけれど、群馬名産品を入れる心意気なんだろうな、と日光で食べた舞茸天ぷらを思い出しながら一人納得した。いや全然違うかもしれないが。
とにかくこれがカレーとだしの風味が一番ほどよく楽しめた。

 4種類を通して感じたのが、作りたてということもあってかレトルト特有の臭みがまったくなかったことだ。
遊喜庵は水沢うどんの名店『大澤屋』がプロデュースしているとのこと。
レトルトものでありながら、こだわりの全品手作りらしい。

 この『本格カレーうどん食べ比べセット』は4,620円。今なら21%offの3,620円、しかも送料込みとのこと。
最初は中食用うどんと考えると若干値段設定は高めかと思ったが、全品手作りというその手間暇を考えたら納得。

 と、ここまで読んでコストパフォーマンスはどうかなあと悩む方には、キャンペーンのご利用がお勧めだ。
本格4種カレーうどん食べ比べお試しセット 2名様にプレゼント!
11月11日20時00分まで。いそげいそげ。

 なお、授乳中と書いたとおり、強い香辛料は本来御法度とするむきとあるので授乳後に試食とし、また試食後最初の授乳はミルクに代えた。念のため。

キャンペーンバナー

水沢うどん 遊喜庵 「4種のカレーうどん 食べくらべお試しセット」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。