忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ついてなかった
2007年10月04日 (木) 11:04 | 編集
 朝からついていなかった。
目が覚めたUが珍しく寝覚めが悪くなにかといちゃもんをつけては怒り泣く。
それを寝室から相方が「やらせてやればいいじゃん」と怒る。
でも「電動シャッターを僕が開けるっていったのに」なんてUは起きてから全然言ってないよ?
Uは怒り泣いてトイレに籠もる。トイレに入れさせてくれ。

 ようやくUの機嫌が直ったというころ、アイロン台を出そうとして手を滑らせ右足直撃。
あまりの激痛に「!!!」と息だけ呑んで悶絶していたら後ろから相方の非情な声がけが。

「(小馬鹿にしたトーンで)…なにやってんの?」

え?そこ「大丈夫?」じゃないの?
なにその味方からの後方射撃。
と思いつつあまりの痛みに声を出せずにいると、聞こえなかったと思ったのか相方がご丁寧にもう一度

「(思い切りバカにしたトーンで)なにやってんの?」

言い直すなよわざわざ。腹が立つので無視を決め込み悶絶しているとようやく本当に痛そうだと気づいたのか
「大丈夫?」
と聞いてくるが、実は無視もなにも痛すぎて答えられない。

 そうして痛い足を引きずりつつバス停まで行きUを無事見送ると、今度はYが泣きっぱなし。
その後はただただ抱っこしっぱなし。
スリングもずっとだとよくなさそうなので両手で抱きっぱなし。
ようやく寝た、と思ったら家屋調査隊が来た。ああ、家事&炊事は調査隊が帰った後にしよう。
と思っていたが調査隊の帰還と共にY覚醒、激泣き。

夕食の下ごしらえができないよう。

と、ここまでででお昼。
ご飯の残りがあったのでおにぎりにして食べる。
アイロン台を打ち付けた右足指は腫れてきている。

 午後になったらYも観念して少しは寝るかも…と思ったがやっぱり寝ない。
なんだその我慢大会。母子根比べである。
日がな一日抱っこ。洗濯物畳みをなんとか片手でやっつけ、5分10分とごく短時間は置いても泣かないときもあるので隙を見てそれでもやっぱり5分10分ずつぐらい泣かせつつ夕食をなんとか18時すぎに仕上げた。
13時から作ってムニエルと副菜2点(1つはプチトマトだしもう1つも茹でただけ)ともずく酢(既製品だ)とポテサラ、お浸し(これまた茹でただけ)、お味噌汁てどういうことだ…。もう疲労困憊。
右足指はますます腫れてきている。

 ああ、でもお腹空かせて帰ってきた(&帰ってくる)Uと相方になんとか出せるよ。
と思っていたら今度は相方が帰ってこない。

20時…そろそろ帰るメールがあるかなあ。右足指を見やるとすっかり青黒くなってきている。
21時…Uが寝たけれど相変わらずYが泣きっぱなし。やれやれ抱っこでなんとかならないかなあ。
22時…相方遅いなあ。仕事忙しいからなあ。メール打ったら早く帰れコールみたいでいやだろうなあ。
22時半…もうちょっとまとうかな。右足指はとうとう青黒くなってきた。指は動かせるし触っても飛び上がらないので骨折はしていない。
23時…えー遅いよ相方。事故にでも遭ってたらどうしよう。メール打とう。

はよカエレと勘違いされないよう、だけど心配なので「まだまだかかりそう?」とだけ送る。
と、ほどなく返事があった。

「今○○(駅)。ごめん、飲んできた。」

…もうこのときの虚脱ったら。2分間ほど衝撃で画面を見つめて、それから激しい怒りが。
ああメシの数品つくるのにエライ手間取ったなんて私の都合だから相方にゃぁ関係ないだろうさ。
飲みに行くなとは言ってないさ。
だけど連絡ぐらいくれよ。なんで結婚後初連絡なし飲み会がよりによって今日なんだよっ。

 家に帰ってきた相方に抗議したかったが、もう怒りすぎてメールの返信も打てず、顔を見ても「連絡ぐらいちょうだいよ!」と言ったきりなにも言えず。
右足が青黒くなっているのも意味なく見せびらかすも「これ。」「朝の。」「ぶつけた。」「アイロン台。」となぜか若干日本語に不自由になりつつ説明したきりなにも言えず。

相方はとりあえず平謝りに謝っていたけれど、ほんと散々だった。

…と思ったらほどなく日付が変わり、4日になった。
全然寝ずに目をクワッと見開いてウヒヒとほくそ笑むYをなんとか寝かしつけようと寝室で静かに格闘していると相方がウキウキしながら「こっちこいよー」と声を掛ける。あまりに怒っていたので忘れていたが、その妙にうかれぽんちな相方の声を聞いて思い出した。
私の誕生日だった。

相方がプレゼントの袋をだして
「まあ誕生日だしこれで機嫌なおせよ」

いや機嫌なおすもなにもさあ……まあ…いいかあ…ありがとう…。

 拍子抜けしながら箱を開けたら、なんとびっくり4年前Uを産んだ後にもらったネックレスとまったく同じデザインのネックレス。開けた瞬間「えーっ、これ」。
相方はアホなのでデザインをすっかり忘れていたらしい。
前のネックレスを持ってきて見せてみた。相方脱力。

きっと好きな形がそれだから思わず買っちゃったんだろうね、と二人で思わず笑う。
これで笑えるんだからやっぱり私の現金さも相当である。

新しいネックレスはそのうちYにあげることになった。
プレゼントって気持ちだから、いっか。

こんなオバカもとうとう39になりましたよ。
そりゃ白髪も劇的に増えるってもんだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。