忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
家から脱走する3歳児のためのお話
2013年12月18日 (水) 20:12 | 編集
 3歳の頃、Uはよく家からの脱走を謀った。
鍵はもちろんかけ、ロックもしているのだがロックの外し方を覚えるといともたやすく外しては外へ行こうとした。

元々対策として、狭いリビングの出口2箇所にベビーゲートをつけて常にロックし、掃出窓にもチャイルドゲートをつけてはいた。
しかしこれは「私が見ていないうちに外に出たい」というUの欲求は満たせず、常にフラストレーションが溜まると思われた。実際、ちょっとした隙に脱走されて気づくと玄関でガチャガチャやっているようなことは、多くはないが起きた。

 そこで、一計を案じて、一人で外にでることの危なさを覚えてもらうことにした。

当時まだインターネットもさほど充実していなかったので、どのような本がいいかもわかららず(*1)、夜寝るときのお話を勝手に即興で作ってみた。

 当時Uが大好きだったアンパンマンのちからを(勝手に)借りた。
子供が好きそうなあれこれを詰め込んだので、かなりアンパンマンの世界からは逸脱しており、ファンの方からはとても厳しく怒られると思うが忘れないうちに書いておく。

なお、このお話はいまだに「寝るときのアンパンマンのお話」という名前で現小4のUも年長のYもたまにせがまれることがある。うまい話ではないが途中参加型なので少し楽しいらしい。

-------------
ある日、アンパンマンがお空をパトロールしていると、遠くから助けを呼ぶ声が聞こえました。

「おや?だれだろう?」

ビューンと飛んで行くと、なんとうさぎのうさこちゃんが泣きながら道の真中でしゃがみこんでいました。

「うさこちゃん、どうしたの?」
「あのね、おかあさんとのお約束を破って、勝手におうちのお外に出ちゃったら、おうちがどっちにあるかわからなくなっちゃったの。おかあさんに会いたい。エーンエーン」(*2)

「そうかあ、それは心細かったね、さあ、ボクの顔をお食べ。(モグモグ)さあ、背中に乗って。ボクがおうちまで連れていってあげる。」

アンパンマンはうさこちゃんを背中に載せると、町のうさこちゃんのおうちまでひとっ飛び!

すると、うさこちゃんのおうちでは、うさこちゃんがいなくなったといってお母さんがとても心配してうさこちゃんを探していましたので、元気に帰ったうさこちゃんを見て大変喜びました。

(お母さん口調)「まあうさこ、どこへ行っていたの?元気に帰ってよかった!」
(うさこちゃん口調)「あのね、お母さんごめんなさい。お母さんとのお約束を破って勝手にお家のお外に出ちゃったの。
とっても怖かった。もうしません。」
「とにかく元気でよかったわ!アンパンマン、ありがとうお礼にお食事をごちそうしましょう。

 ((*3)と、ここで子供に「お礼はなんにしようか?」と尋ねる。「山盛りいちごと山盛りホットケーキ」!など。)

お母さんは腕によりをかけていちごとホットケーキをもりもり、山盛りにつくりました。

アンパンマンはすっかりごちそうでお腹いっぱいになりました。
「おかあさん、ごちそうさまでした。」
「いいえ、アンパンマン、本当にありがとう、また遊びにきてちょうだいね」
「はい、さようなら!」
「さようなら!」

こうしてアンパンマンはジャムおじさんの工場に帰るとお風呂に入って(*4)歯磨きをして朝までぐっすりねむりましたとさ。おしまい。

-------------
(*1)ちょっと信じられないでしょう?たかだか10年でまさかこんな便利になるなんて!!

さて、(*2)のあたりで大抵子供は眉根を寄せてちょっとした恐ろしさを覚えていた。
そのままだと怖い気持ちのままなので、美味しいものを提案してもらうことと、そして数ヶ月も経つと(*4)のあたりで

「お風呂に入ると、お腹いっぱいのアンパンマンからおならがバッフォーーーーーーーーーーン!
なんと!アンパンマンはおならの力で湯船ごとお空の遠くまで飛んでいってしまいました。おしまい」

に変えたりとバリエーションをつけた。

これが大受けして、「自分が困らないためのルール」として、飛び出しっ子だったUが一切勝手に外に出ようとすることはなくなった。

心配していたのは小学校に入って一人で外に出られるだろうか?という点だったが、「約束をしていれば大丈夫」という前提があるからかまったく問題なく外出できていた。

アンパンマンではなくても、そのお子さんが好きなヒーローならなんでもいいと思われる。
ご参考になれば幸い。
スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。