忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
あのですね…
2009年10月02日 (金) 01:25 | 編集
6月に財布を無くした。
と思い、数時間後に銀行のカード使用を停止した。
停止して安心した視線が、その直後に財布を見つけた。家で。

ここでちょっと「死ぬんかな、自分…」と思うが少し気を取り直す。

三菱東京UFJは窓口にいかないと紛失届が解除されないのだ。ナイスセキュア。
その後、園行事と夏休みで到底窓口には行けず、9月に入ってようやく窓口へいくことにした。

ところで都下に引っ越して驚いたのは都市銀というのは都市伝説だったということだ。
つまり都市でない都下には都市銀行はないのだ。あってもATMのみだったりするのだ。
この場合、都市銀行窓口というと自転車で20分という位置にあることを意味する。ナイスディスタンス。

そこでその日も解除に必要なあれこれを詰めてYを後ろに乗せた自転車を20分疾走させて窓口にいったのである。
10分ほど待っている間にYはいろいろな人にちやほやされすっかり有頂天。
ようやく呼ばれ、窓口のうら若き乙女に座るよう促され、今日は紛失の解除を…と言いながら財布を取り出そうとしたところ、有頂天のYが「それYちゃんのー!」という虚言をはきながら思いっきり私の財布をひっぱった。
バカになっていた財布の口がここぞとばかり全開、またなぜかそんな日に限って(というかそんなときだからこそ)小銭に満ち満ちていたため、ありとあらゆる小銭を床の広範囲にわたり転がせた。
嬉々として拾うY。ナイスピッキング。

しぬんかな…と一瞬意識が薄れるが、やはり強靭な意志で自分を取り戻す。
しかしみつからない。身分証明証である運転免許証が。

いや、そりゃ運転はしないけどね、携帯して絶対出したことないんだけど…?とあせる。
焦る意識が走馬灯を呼び、走馬灯は昨日の自分を映しだした。
リビングのプリンターで運転免許証をコピーしている自分である。

…家に忘れてた。
半泣きで家に帰った。

また園行事にまみれて2週間後、今日こそとまた必要物をテーブルに並べて指差し確認をする。
そうそう、私に必要なのは指差し確認だったのだ。
4点指して、3点バッグに入れ、意気揚々とまた自転車の後ろにYというおもりを乗せて20分疾走。

つまり、1点忘れている。

さらに20分後、うら若き受付男子の前で財布の中に運転免許証がないことを3回確認して
「…出直します」
と言うはめになる。

半泣きで家に帰ると、テーブルにすごく丁寧な感じで免許証が置かれてあった。
しぬんかな。

3回目の今日、ようやくすべてをクリア。
受付の女性は同じ人だったので「今日はどういったごようけn」まで言った瞬間「あ」というような間があったがなんとかクリア。
たぶん、半年ぐらいはあの店舗にはいけない。

ちなみに、その1週間前、車の買い替えでディーラーのテーブルに座っていたのだったが隣に座っていた夫がフと
「三菱東京UFJだっけ?東京三菱UFJだっけ?」
というものだから、いつまでそんなこと言ってるのよと鼻で笑いながら
「三菱東京UFJでしょっ、ほらっ」
と自分の財布から当該キャッシュカードをスパーンと出したら


三和銀行


と書いてあった。
ついでに、自動車購入手続きには実印が必要です、といわれたので後生大事に持っていったのをテーブルにバーンと出したら、旧姓のだった。

ナイスクラシック。

…しぬんかな。
スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。