忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
くるんくるん
2008年12月31日 (水) 01:23 | 編集
9月のくるんくるん。まだ若干髪短め。

くるん


くるんくるん


牛乳なくなって泣くるんくるん
スポンサーサイト
 
最近のY
2008年12月28日 (日) 03:17 | 編集
1歳4ヶ月になったY。

・返事ブーム到来。「~な人ー?」や「Yちゃーん」に「はーい!」と挙手しながら返事。
 →パパが好きな人ー!などにいちいち「はーい!」と返事をする。多くは意味をわかっていない。
 →当然のように「うんちくさいひとー?」「はーい」と遊ばれる。
 →電話や夫婦の会話で「~な人がいてね」と言おうものならすぐさま「はーい」と返事している。

・はいっブーム
 →「あいっ」と言いながら手近なものを人に渡すのがブーム。
 ありがとう、と言うとぺこりーとさらにお辞儀をする。

・頷きブーム到来。「~なんだよね?」にコクリコクリと頷く。
 →たのしい?大好き?にいちいちコクリと頷く。意味をわかっていない。
 →そこで当然のように「うんちくさい?」コクリ、と遊ばれる。
 →Y以外の人との会話で「~じゃない?」などと言おうものならすかさず力強く頷く。

・理解。
 →「しまじろう(DVD)見る?」コクンコクンと頷いてソファにいそいそと座る。
 →「お風呂入るよー」に「はーい」で、脱衣所に走り服を脱ごうとあらぬ方向にトップスやボトムの裾を引っ張る。お風呂どこ?と聞くとお風呂を覗きに行ったり指したりするので分かっている様子。
 →「歯を磨こう」に「はーい」で、脱衣所に走り歯ブラシを取ろうと届かない棚に手を伸ばす。
 →「寝るよー。寝室行くよー。」に「はーい」で、寝室へダッシュ。寝室どこ?と聞くと(以下同文)。
 →「おやすみー。」に「ねんねー」でころーんと横になる。

 →「おやつ/ごはんにしようー」「はーい!」歓喜の表情でハイローチェアによじ登ろうとする。無理。

・主張
 →「おいしい」「もっと」は理解した様子で、ほっぺを突いたり人差し指でテーブルをトントン叩いたりする。(*)我が家の勝手なベビーサイン。
 →食事の時、食べたいものを自分で指さして文字通り「指図」する。
  指さしてほっぺをついてトントン。つまり「それ、おいしい、もっと」。片言。
  わざと違うものを食べさせようとするとイヤイヤと手を激しく振り、それでも尚口に近づけようとすると怒りの拳ではたき落とす。
 →みんなと一緒にゲームをしたくて仕方ない。すぐにリモコンをくれろと泣きさけんで訴える。しかしUとも遊んであげたいと強行すると泣き続け、まったくゲームにならないので電池を抜いたリモコンを与える。しかしすぐさま「これは動作しない」と見破り、ムキー!と叫んで投げた。
 →非常に腹を立てたとき「見てらっしゃい」という顔をするなりすたすたと歩いてノートパソコンをこれでもかと強く叩く。たまに途中で鈍器のようなものを確保して振り下ろす。
 普段から「これは大事よ」と言っているのを大変よく理解している。天才か。しかし勘弁して。

・その他
 →納豆を口にした後にやにやしながら激しく首を左右に振る。
 私が口の前で、納豆の糸を切ろうと左右にスプーンを回すのがツボったらしい。
 →キス魔。私がメインのターゲットでたまにU。
 抱っこするとうっとりした顔でちゅうちゅうされるので可愛いけれどミュータント…じゃなくてミュータンス菌が!と気が気ではない。腹が立つのでほっぺにキスで応酬。
 →ぬいぐるみが大好き。特にしまじろうが好き。ここらへんが男女の違いなのだろうか。
 Uの時なんて見向きもしなかったのに。起きるとまず枕元のしまじろうをぎゅーっと抱っこしてちゅ、とキスしている。

・さらにその他
 →今のところ歯磨き大好き。いつまでもこのままだといいのだけれど。
 歯ブラシを持ってご機嫌で「あー」「いー」と言っている。
 →大をすると泣いて訴える。それはありがたいのだが、おむつを外そうとする。バイオテロ。危険。
 →おむつ替えに協力的。Lサイズながらいまだにテープ型。
 →臍ヘルニアは10ヶ月までにほぼ完治したが臍周りの皮が伸びて少し余っている。大きくなっても治らないらしい。どうしても気になる場合は思春期になったら形成外科に行った方がいい、とのこと。
 →帽子が嫌い。髪留めやゴムも嫌い。すぐ取ってしまうのでどうしよう。
 →髪がものすごいカール質。耳から下は天然で縦ロール。本当は肩下5cmまで伸びているのに、魅惑の肩もとカールでぽわんぽわんに揺れている。ミケランジェロが描く天使のようだ。
 …いろいろと見失うなよ、自分。
 →発語数はあまり増えていない。理解する言葉が増えているからよしとしている。

 →可愛すぎて目がくらむ。多分世界一。でも写真で客観的に見ると一般的な一歳児という逆ミラクル。
 
最近
2008年12月28日 (日) 02:40 | 編集
ここ半年ほど絶不調だった。
産前7個もできていた円形脱毛は、一番多かったときより産後できた1個のほうが絶望した。
とりあえずそれも治りつつあるのだけれどとにかく脱毛がおさまらない。

閉所恐怖症もひどくなっていて、歯医者や美容院のあのすっきりホールド型で倒れる椅子がだめだ。
下手すると車に5人乗っているともうだめだ。
過換気を起こしかけては上半身をがばっとおこす。もしくは起こしそうになって気が遠くなる。
こういうのを夫に言うと「心が弱いから」みたいな話で片付けられるんだよなあ。

ママ友3人との友達関係はゆったりと続いている。
気の置けない仲間ってこんな感じなのかなあ。
3人三様で面白いのだけれど、特筆すべきは一人が元パティシエということ!
集まるとよく手作りのお菓子を持ってきてくれるのだがそれがまたおいしいったら。
以前住んでいた場所でのママ友に女医さんがいた時もびっくりしたけれど、小さい頃夢見ていた「お隣(*)がケーキ屋さん」が現実になったことにびっくり。

(*)隣じゃないぞ。というか何を夢見ていたんだか。

ママ友達が性格があまりに良すぎて、改めて自分の嫌みさを痛感する。
別にそうしたくてそうなってるわけじゃないんだけれど、そうなっているのはどうなっているんだ。
 
クリスマスの朝に
2008年12月28日 (日) 02:02 | 編集
 25日の朝、Uの枕元に置いておいたクリスマスプレゼントが一体どんな表情で迎えられるのか、親は半ば諦めの境地で見守っていたのだった。

目を覚ましたUはプレゼントを見つけると寝ぼけ眼で「あれ?なんでだろ?」などとつぶやいている。
ぬ。クリスマスすら忘れていたのか。「ほら、クリスマスだから!サンタさん来てくれたんだね!」
「そっかー!」
速攻アメリカ人のごとき豪快さでプレゼントの包みを開けるU。
まずウィングトリガーを発見。「うわあ!ウィングトリガーだ!」
嬉しそうなUに横で一安心する私。ところがUがぼそっと一言「あれえ?変だな。ってことはもう片方が?」
5歳児は考えていることが独り言でダダ漏れなのでこういうときは非常にわかりやすい。
ウィングトリガーの箱をどけるともう片方の箱を確認している。
探しているのだ、カンカンバーを。

しかしもう片方はまさかのジャンクションライフルセット。
「あれ…ジャンクションライフルセットだ…変だなあ…」
ぶつぶつ言うUに、わざとらしくテンションをあげた私が
「うわー2つも入ってたんだ!すごいねえ!よかったねえ!」
などと小芝居を演じる。

「うん」
と頷いたもののUはなにやら腑に落ちない様子。数秒考え込んで突然ひらめいた顔で
「あ!そっかー!もう一個、きっとリビングにあるんだ!」
と言うなりリビングへダッシュした。
そうして行った先で
「あれえ…おかしいな。」
とぶつぶつ言っている。少し胸が痛む。

「どうしたの?2つもプレゼントがきて、嬉しくなかった?」
「ううーん、嬉しいよ。」

とりあえずといった面持ちで2箱を開けて遊びだした。
楽しそうに遊ぶ様子を見てひとまずほっとする夫婦。

しかし、夫が出社して間もなく、Uがちょっと手を止めて突然つぶやいた。

「でもさあ、本当はこれじゃなくてさあ…」

ああ、ごめん、やっぱりカンカンバーだったんだね…。

「ハンドルブラスターがくるはずだったんだよね。」

「…へ?」
「ハンドルブラスター。」
「…カンカンバーじゃなかったっけ?」
「前はそうだったけど、ハンドルブラスターになったの。」

なったのか。なってたのか。そうなのか。いつのまにか。
親の取り越し苦労か。
あの夫婦の奮闘はなんだったか。
転売人間への一方的宣戦布告はなんだったか。

…まあ考えたらこどもの頃のプレゼントに関するガッカリ感なんて大したこと無かったよなあ。

それから数日、Uの中ではハンドルブラスターもカンカンバーもなかったことのようになっている。

そうして後日私のために買われたwiiの3本目のリモコン(シール貼付済)を見つけたときの方がUのテンションが高かったという不思議。
 
クリスマスの夜に
2008年12月24日 (水) 23:54 | 編集
 ゴーオンジャーにはまりまくりのU、今まで結構のアイテムを手に入れてきている。
どうなのそれ贅沢すぎじゃないの?という私の声をよそに、夫は「いいじゃないか、俺もこういうの好きだし」とせっせと買ってきたのだ。

一部。およそどうでもいいけれど、ゴローダーGT、誰も大して期待していなかったのに子供受けが恐ろしくいい。家に来た子達が掴んで離さない。大人が見てもよくできている。非常に感心する。


そんなUのクリスマスプレゼントとしてカンカンバーを購入する予定、だったのだ。
しかし11月下旬からほぼ3週間もの間家族で順に嘔吐下痢をやらかしていた一家にサンタはほほえんでくれなかった。
どこにいっても、どこを探してもカンカンバーがない。
ようやくあったとしても朝10時の開店時に残り数個、しかもそこは陸の孤島のショッピングモールで家からは到底午前中着かないとか。当然速攻売り切れていた。

我が家は戦隊モノ購入戦には今年初参戦だ。何も知らずに右往左往していたがようやくカラクリを知ったのだ
戦隊モノ・ライダーモノのアイテムは年内で生産終了ということ。いや、それは放送終了(1月いっぱい)もあるので予想できる。次のアイテム展開もあるし。

しかし、そこで起きていたのが「クリスマス期前買い占め&転売@オークション」。
毎年この時期発生しているようだ。
今年も明らかに個人が11月あたりから大量にカンカンバーを販売している。しかも当然オークションの原理も活用して即決落札価格を日々上げて。

まあ、それも商機だもんな…と思いつつやりきれない。
こどもの心を、なんてこたー言わない。そもそも、下世話な言い方をしてしまえば元の戦隊グッズ自体がこども心をくすぐって親にお金を遣わせようというものだし。
しかしそんなヤツからは絶対買わん!と夫婦で一方的に宣言する。

しかしとうとう今夜に至るまで入手にいたらず。
あーあ…Uへのプレゼント…がっかりするだろうなあ。ゴーオンジャーグッズとはいえ。
あんなにカンカンバー!と日々叫んでいたもんなあ。

そうして、Uへのプレゼント探しに奔走しすぎてYへのプレゼントはなしだ。
クリスマスでも思い通りにいかないことがある、という思いを早々にさせてしまう予定だ。
完敗。
来年は早め早めに動くべし。

そうして残業続きだったのにたまに隙をみては売場巡りをしていた夫、本当におつかれであった…。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。