忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ここ数ヶ月
2007年04月28日 (土) 03:03 | 編集
 春は大異動の時期。
一番家の近かったママ友Rさん親子も旦那さんの転勤で遠方へ引っ越しした。
リトミック教室も終わって、U以外の皆は幼稚園生活が始まった。
サイクルが違うから道でばったり、ぐらいでしか会えることもないだろなあ。
保育園でも、毎朝子の見送り時に顔を会わしていたKちゃんママもいいわ~と思っていたら今月いっぱいで退園。
認可に移るのかな。
寂しいなあ。

 一方会社の同僚たちは、本当に失礼な言い方ながら大当たり、だ。
皆気さくで話しやすい。それでいて仕事中は集中力の高いのもいい。 
今派遣されている会社は社員が一人もいない。パートと派遣とアルバイトだけで構成されている不思議なところである。
お陰でかなり仕事がまわっておらず私たち派遣(パート)にもかなり在宅(かつ夜勤)業務が発生したりしているのだが、文句言いつつも問題は解決していく姿勢もいい。
仕事だから当然なのだけれど、刺激になってやっぱりいい。

 派遣先からは出産後手が空いたらまたきてほしい、と言われている。
私、実力を買われていてよ?……ではなく入り手がまったくないのだ。
(ネットワーク関連でこの時給、なのだ。同僚たちからは「なんでこの時給で?」と不思議がられている。自分でも相当酔狂だと思う。でも時短枠ってここしかなかったんだもの。)
そのときもこのメンバーだったら考えてもいいなあと思うが、会社のとある本質的事情によって皆長期はちょっと…という雰囲気を臭わせている。
これまたちょっと寂しいなあ。

…と呼ばれる気満々だが、ほんとうにそのとき声がかかるかは不明だからその時悩め、な話。
スポンサーサイト
 
なぜなんだ
2007年04月22日 (日) 02:53 | 編集
 お腹の調子がずっと悪い。
腸が痛い。お腹を壊している。他に自覚症状が無いところを見ると極端に胃腸が弱っているようだ。
暴飲暴食してないのになあ。妊婦てそういうところが面倒。

 今日中に終わらせないといけない仕事をやってくれ、とメールがきて夜からやっていたが、どうしても終わらない。なんで複数のうち1サイトだけ同じ設定で正常に動かないんだ!
本時刻をもっていったん終了。明日続きをやろう。ちっ。xoopsめ(*)。

 (*)xoopsが悪いんじゃないと思います。明らかに。

 地上の星の歌を鼻歌で歌いたかったのに、全然思い出せなくて気づいたら
「あれは多分すーばるー それも多分すーばるー」
と、ツバメに聞くのは地上の星よりまず昴の位置だろ、という状況になっていた。

もう寝よう。おやすみなさい。
 
Uの弁当は単品か
2007年04月21日 (土) 01:03 | 編集
 Uが保育所に通い始めた頃から、家でたまに不思議な歌を歌うようになった。

「ゆーびんやさん、ゆーうびんやさん、えるあいちったー、ゆーびんやさん、えーーい、イーーーーッ!」
郵便屋さんの歌なんだよ、とUは言うのだがまるきり意味不明である。とりあえず最後の部分だけショッカーの雑魚みたいな声だなあという感想を残すぐらいである。

それが最近ちょっとずつ内容が変わり始めた。
「たんぴんや lunch、たんぴんや lunch、えるあいちったー、たんぴんやlunch、leeeeeet's、eeeeeeet!」

 ははーん。
ようやく思い当たる。
 Uの保育所にはプレスクールが併設されている。
そのせいか、プレスクールや幼児英会話教室ではないのに保育所内でも英語がよく使われているようだ。お陰でUもYes、No、Good morning、Note,please、Clean up, please…などという単語やセンテンスを覚えているようだ。
英語の歌に違いない。Let's eat!

で、なに?たんぴんやlunchって。
単品?ランチ単品やーってこと?

いや、そりゃ
時間がなさすぎの日のお弁当。自家製&市販冷凍食を詰めただけ。

前夜の残りをアレンジして詰めただけ。

自家製冷凍食を詰めただけ。


そりゃ手抜きはするけどさ。
まだ単品にまでは手を染めてないよ?

 (*)まだ、て手を染める気か。

 で、ある日先生に確認した。
すると先生が教えてくれたのは
「Time to eat the lunchという歌なんですよ。lunchやsnackの時間に歌うんですよー」
ああー、なるほど。Time to eat the lunchが、単品やランチ、って!


……なんて日本語脳なんだ。

英語教育に力を入れるつもりはないけれど、こりゃなかなか頑固な日本脳ができあがってる模様。

そうして私もそっかそっかと早いうちに納得してしまったけれど、中程の「えるあいちったー」の部分を聞きそびれてしまった。
検索してもひっかからないところをみると園独自の歌なのだろうか。
今度、聞いてみよう。

まだ単品じゃないよランチ!
 
疝痛de性別判明
2007年04月20日 (金) 23:54 | 編集
 21w5d。
 昨日の夕方、Uを迎えに行ってから家に帰ると突然猛烈に差し込むような腹痛に襲われた。お腹の張りとは明らかに違う。
以前流産したときのあの疝痛の記憶が蘇って背筋がぞわっとする。
どうしよう病院行こうかと思うが、Uの食事の時間にかぶるから作らなくちゃとかなんとか考えて夕食を作り、結局お風呂も入れ、気づいたら産院の受付時間なんてとっくに終わっていた。あほだ。

 その後、何度かいつもより弱めながらも胎動があったのでちょっと安心、翌日病院へいくことにした。

 そうして、今日。本当は勤務日なのだが派遣先と元に連絡して午前休にしてもらい病院へ行った。
…なんのことはない、胃腸を痛めているだけだった。
いや、だけ、って相当痛かったのだけれど、考えたら痛かったのはお腹の左端あたり。
先生曰く
「ここが痛むのはまず腸だよ」
そういや流産の時はお腹全体が痛かった。

 赤ちゃんはおよそ460g。骨や心臓に目立った異常もみられず、順調に育っているとのこと。
私の体重も結局あれからちょっと減って、現在妊娠前+1.5kg、むくみ、血圧異常なし。

 急にほっとして、ひどくなっていた湿疹部分(*)の軟膏を処方してもらい、それから大事なことを。

 (*)ご多分漏れなく肌が弱くなっていて、下着のあたる部分がぞろっと湿疹に。

「先生、性別ってもうわかりますか?」
すると、先生、あっけなく

「ん?わかるけど?」

「えっ?」

先生はしれーっとしてヘーエ、といわんばかりの顔で
「…知りたいの?」
「はい」
さらにしれーっと、強めに
「…どーうしても、知りたい?」
ここらへん、先生のペースである。笑いを堪えながら
「はい、どうして
も、まで言わさず先生がさらにフーンと
「…聞いてがっくり肩落として帰ったりしない?」
思わずブッと笑い「しません!」と誓わされた。

 そうしてあっという間にささっと胎児の股間をエコーで探り当て
「はい、ここ、この形、小陰唇と大陰唇。まず女の子だろうね。
数週間もすると、お母さんの女性ホルモンの影響でここがぷくっと膨らんで、よりわかりやすくなるからはっきりするよ。」
シモ単語をさらっと言ったり聞いたりするのってほんと妊産婦のうちだよなあと変なところで感心しつつちょっと思い返す。

 Uが「赤ちゃんは女の子」と言い張っていたっけ。
迷信好きな母が「(ともぞう)の顔が穏やかだから女の子」と言い張っていたっけ。
朝、Uの通う保育所併設の英語の先生も「僕はあなたの赤ちゃんは女の子だと思う。男の子を妊娠中の僕のワイフとお腹の大きさが全然違うから。」と言っていたっけ。
そうして、なにより夫婦で勝手に「なんだか女の子な気がする」と思いこんでいたんだっけ。

当たっていたのに、なんだか拍子抜け。
そうして、じわじわと当惑と喜びが…。

 夕方、Uを迎えに行く時間となった。
Uの顔を見るなり
「ねえ、Uにびっくりニュースがあるのよ。お外に出たらこっそり教えてあげる。」
と言ってみた。
Uが「えーびっくりニュース?!なになに?」と言うのを、お外に出たらね、とじらして着替えを急がせる。
外に出るなり待ちきれない様子のUが
「ねえねえ、ママ、びっくりニュースってなんなの?」
と尋ねた。待ってました、とばかり
「あのねえ…ママのお腹にいる赤ちゃんが、女の子ってわかったのよ!」
と応えた。

Uは
「へーーーーーえ」
と深く感銘を受けたように頷いた。
こういうのが、わかるようになったんだよなあとこちらもなんだか嬉しい。
するとUが続けてワクワクしながらこう言った。

「ねえ、それで、びっくりニュースって、なに?」

えーとねえ…うん、いいよ。また追い追いね。
 
基礎完成、大工さんへのご挨拶
2007年04月18日 (水) 23:44 | 編集
 そうこうしている間に家の基礎は完成し、5月の上棟に向け家の骨組みが組み上がっている。
家の形になっているので、仮設ハシゴを使えば2Fにあがれる。
毎週末偵察に行くのだが、都度進行しているので(あたりまえか)驚くばかり。

 ハウスメーカー営業氏曰く「上棟式はおこないません。もう都内では上棟式などおこないませんよ。」とのことだったのだが、今回基礎が完成したタイミングで大工さんたちとの顔合わせをおこなうと聞き、わが家は一気にヒートアップ。

一生に一度のことだし、ご挨拶に上棟相応のものは用意した方がいいんじゃないのかしらん?

でも営業氏は「要りませんよ」の一言なので、現場担当営業氏に同じ事を聞いてみる。
と、
「それはお気持ちだけで結構ですよ。○○さんがご負担に感じない程度で…」
ってそれ、やっぱり用意しようってことだよな。

 慌てて検索しまくるが、それこそ「上棟がないなら要らない」から「数万」クラスまであり混乱してきた。
結局、棟梁には中をとった額(*)、大工さんにはそれなりの額(**)、また現場担当営業氏、および現場監督氏も含めた全員に焼き菓子セットと紅白シャンパンセットを手渡した。

 (*)(**)ワカンネーヨと言われても。

ああ、なれている人もいないとは思うが本当にこういうのって大変だ。
家を建てると家本体以外の「おつきあい」部分で結構お金がかかるというけれど、こういうことだったのね。

とりあえず無事終わって一安心。
 
在宅勤務
2007年04月18日 (水) 23:28 | 編集
 21wに入り、ますます貧血じゃないのに貧血症状やらお腹の張りに悩まされるようになった。

 派遣先にはかなり大きく出て働きかけ、結果週3勤務のうち、2日は在宅勤務でよい、ということになった。
いわゆるラッシュ時間は過ぎているはずなのに立っているだけでお腹を圧迫される銀座線ユーザとしてはありがたい。
ついでに、Uの通う保育所はぴったり9時からしか預かってくれない(*)ので、オフィスが遠くなった今はオフィスに着くのが、鬼のような形相で歩いて始業開始5分前、般若の顔で歩いて6分前ぐらい。通勤日は着いたときにはお腹張ってるし、ああ在宅は非常~にありがたい。

 (*)時計が9:00にならないと預かり部屋に入れないのです。

Uについては保育所の契約内容は変更せず、在宅勤務日はいままでと同じように保育所に預けている。

 私が家にいるのに誰の気配もないというのが不思議で仕方ない。
Uの声がしない。Uの音がしない。なんだか落ち着かない。

 といってオフの日(勤務日以外のウィークデー)に仕事が入ることも多く、また大抵時間(時刻)との勝負なのでUと格闘しながら仕事しなければならず、それはそれで弱るのだけれど…。

とにかく、仕事は楽しいので今回の契約期間満了まで勤められればいいなあ。
 
ビビンパ食べた
2007年04月18日 (水) 23:08 | 編集
 近所に韓国料理の総菜店ができた。
キムチばかりでなく石焼きビビンパもチヂミ、その他薬味類も売られていてかなり本格的だ。
でも真っ赤な色を見るとUには無理だなあ…と思いながら日々横目で通り過ぎていた。

 食べたいなあ…と思いながらなんとなーく検索したら…あった!炊飯器でビビンパ!
レシピ 簡単ビビンバ by けい♪
↑U対策で甘口タレで作ったのでちょっと物足りなかったけれど、おいしかった!
お焦げもできたし、相方にも結構好評で満足満足。
 
最近のU
2007年04月15日 (日) 00:48 | 編集
3歳9ヶ月。103cm、18.2kg。

 一時期落ちた食欲もまたまた盛り返していて、ああ、体重はどうなることやら。
 相変わらず字フェチ、車フェチ。
というわけで(?)最近ではナンバープレートを覚えるのがマイブームらしい。
保育所にいく道にいつも停めてある車の会社名、車種名、ナンバープレートを勝手に覚えている。
「今日は『あ1234』(仮)のトヨタエスティマはおでかけだねえ」
「あ、みてみて。このホンダ『い・・・1』(仮)は今日もここにとまってるよ!」

 先日は「わー、ママみてみて!ほら、スバルのXX(忘れた)、今日は前から見られるよ。前から見ようよ!…みてみてーあははは、恐い目、恐い目してるーう!(大笑い)」

へ?こわいめ?聞き違い?と思ってUの指さす方をみると…。
くだんのスバルから降りてきたドライバーが刺すような視線でUをにらみつけていた。
ひいい。すみません。

 また、ある日。
セブンイレブンで会社用のお茶をレジの人に差し出すと、突然Uが大声で嬉しそうに
「ママー!コマツなんとか(忘れた)油圧ショベル!ねーねー、コマツなんとか油圧ショベルだよ!」
と叫ぶので
「あのねえ、お店で大きな声出さないのよ?みんなびっくりするでしょう。」
と諭しながら、ふと思い立ってUの視線を追うと
レジの方の名前が「こまつ」さん。
セブンイレブンて誰でもわかりやすいように名札がひらがななんだっけ。
中国の馬さんなんて「ま」だけ書いてあって一瞬「?」に…ってそうじゃなくて。
ひいい。すみませんすみません。

 そうしてその次の日、同じセブンイレブンで、また会社用のお茶など買っているとUがまた嬉しそうにレジの女性の名札を見ながら

「どうもありがとう!ヤマモト!」

ひいいいいいいい。もうっもうっ!
起き上がりこぼしの如く謝り倒しながら店を出る。

…以来そのお店には、行っていない。



↑左「エネオスで車がガソリンをいれているところ」、右「JOMOで車が給油しているところ」



↑左「宅配便でノートが送られきましたー、お届けでーす」、右「トヨタクラウンと、トヨタのマーク(上の目玉みたいなもの)」

 3月で終わってしまったリトミックに、行きたくて仕方ないらしい。
何度も「○○(コース名)にいきたいなあ」と言う。なのに、クラスに行くと毎々お友達と教室から脱走していたのだよねえ。

 さて、そんな元リトミック仲間のうち集まれるメンバーだけで先日突然井の頭公園へ花見にいくことになった。
Uはもう大喜びである。
私も「いろいろあったけどまあこの面子も楽しかったなあ」などと思いながらおそらく最後になるだろう集合なので(*)充分楽しむ。

 (*)Uを除いて皆今年度から幼稚園が始まるので。

花見の途中、大雨に降られるアクシデントがあった。
慌てて吉祥寺駅に向かって走り出す私たち。
と、Uが善福寺川にかかる橋の上でうふふふふと笑いだし、川の一点を指して

「ねーねー、ママ見て!おばさんが浮いてる。おばさんが浮いてるよー!」

…猛ダッシュ。後ろも見ずにダッシュ。いや、一応本当に人が浮いてないことを確認してからだけど。

 おばさん、おじさん、なんて言葉、私は教えてないぞ。
だってそんな言葉覚えたら最後きっとわざとニヤニヤしながら微妙な年齢の女性に「おばさーん」と言うに決まっているではないか。
そのせいで、みのもんたさんはいまだに「朝ズバのおにいさん」だ。
みのさん言うところの「お嬢さん」の上をいくぞ。
 
3歳児のお弁当箱を考える。
2007年04月07日 (土) 01:07 | 編集
 2ヶ月ほど前のこと。
保育所にUを迎えに行くと先生に呼び止められた。
「あのう、Uくんのお弁当箱のことなんですけれど…」
なになに?た、食べすぎか?と身構えると
「いつもお母さん、お弁当箱をハンカチで包んでらっしゃるでしょ?
あれ、Uくんにはまだ開けられないんです。
巾着とか、バッグとか、自分で開けられるものに替えてあげてください。
あと、スプーン、フォークの入ったケースもちょっと3歳のおこさんには開けづらいみたいなんです。
この年齢の子というのは自分でやって自分でできたという達成感がとっても重要なんですよ(にっこり)」

 ああ、そっかあ。お弁当箱はハンカチでがっつり結んでいたし、スプーンフォークはコンビのベビーレーベルケース付
2歳児以来のクセで「先生が開けてくれるから」とがっちり留めることばかり考えていたんだ。

 ごめんねえ、U。至らぬ自分を恥じつつ、改めてお箸箱と、ついでにお弁当箱を買いに行った。
箸箱はスプーン、フォーク、お箸が入って蓋がスライド式に開けられるものを。
お弁当箱は…そう、やっぱり幼児だから小さめがいいよな。

で、買ったのがこれ↓


380ml!
ちなみに以前はだいたい

大きさの対象となるものを出す気、まるでナシ。

450ml(OLさんサイズ…)

 やっぱり幼児だし、食べすぎはよくないよね!ああ、そうだよね。
ようやく幼児サイズになったんだわあ、などとママ友たちにウキウキと話すと皆一様になんとも言い難いといった表情になり、言葉少なに

「いや…うち…270ml…」「うちも…それでも残るんだけど…」

…まだ多いのか。た、食べすぎ?

しかし気を取り直し、380ml弁当箱をメインでいくことにした。
450mlを使うときも子供茶碗軽めに1杯分くらいのご飯量。



イエッフー!Uも新しいお弁当箱&お弁当袋になった初日の帰り、「今日ねえ、Uのお弁当箱とお箸箱と、あとお弁当の袋が新しくなったのよ?って先生に言ったのよ?そしたら、いいわねえ、って言ってくれたのよ?」とオネエ言葉で報告してくれて母子で大喜びである。

そうだ、全部食べられる達成感、自分で開けられる達成感!

 …と思っていた今日、また帰りに先生に呼び止められた。
「あのう、Uくんのお弁当箱のことなんですけれど…。」
え、なになに?まだまだ大きい?
にこにこしながら「はい?」と聞く。すると先生曰く

もうちょっと大きいお弁当箱に、多めに作ってあげてください。お弁当、足りないみたいなんです
それで、午後のおやつをたくさんたべるような日が増えてます。
確かにおやつをたくさん食べたいという年頃でもあるんですが、おやつではなくバランスのとれたご飯でお腹いっぱいになったほうがいい年でもあるんですよ。

食べる量ですか?それはもうその子それぞれです。他のお子さんのことは気になさらず、食べたい量だけ出してあげてください(にっこり)。」


…………。


380ml、封印。
また来週から450ml&500mlで。はい。

以上、3歳児の、というより「3度のメシよりメシが好き」な食欲スパイラル特異児、Uのお弁当箱の話。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。