忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
真の冷蔵庫
2006年05月31日 (水) 19:49 | 編集
 ここのところすっかり生活リズムがいい意味で狂いまくりだ。
Uは6:30までには起き、昼寝をせず15:00にはお風呂に入り18:00前には夕食、そうして18:00ちょっと過ぎには寝る。
そうして1時間おきに30分ずつ起きて「なぜ自分は寝ているのか。もっと自分は遊んだ方がいいのではないか。いや遊ぶべきだ」という内容を幼児語で激しく泣きながら主張するのだが「そうだねそうだね、また明日」などと大人の玉虫語でかわしつつ寝かしつける。結構時間と体力、気力を費やす。
 相方が帰ってくるのも遅いし一緒に寝てしまえばいいのだろうが、その頃にはヘンに脳が興奮していてまったく集中力のないまま呆と数時間を過ごすことになる。
そうして合間合間に、買ったはいいがちっとも読み進めずにいる本を少しずつ読む。
そんな最近だった。

 そんな最中、2週間前に間違えて届いたホワイトグレーの冷蔵庫が先週ようやく引き取られていった。
今度こそ正しい色がきたのだ。
おお、これぞシルバーグレー!

 誰がどういおうと白い冷蔵庫、好きじゃないんだ。
好きじゃないったって別に死んだ祖母の遺言とかナニカ見えるとかそういうのではなく単に汚れっぽいからというだけの理由。

で…。

ご存じだろうか。


冷蔵庫って冷たいよ。

 以前は「(冷蔵庫が)冷えぬ!(なのに一部冷凍化が)止まらぬ!、(音が)静まらぬ!」て、冷蔵庫界のサウザーみたいヤツだったのだ。
愛に目覚める前に死兆星が見えていた。

 そこへいくと新しいのなんて…もうね、なんていうか突然火垂るの墓の節子風に言うなら「なんで冷蔵庫すぐに冷えてしまうん?」ていうぐらい。
そのぐらい冷える。なのにほどよい。
豆腐のルイベなんてもうこの世に存在しない!おお。

 もうこれならね、おばちゃん、佐久間ドロップ大人買いして節子ちゃんにたーくさんあげられるよ…ってその前にご飯あげとくれ。
そういえば最近見かけた佐久間ドロップの缶の絵が節子ちゃんなのはあれ、どうにかならんものか。

と話を戻すととにかくすごい、すごいよ。兄ちゃん、冷えるね…。

 そうしてUのトイレトレ。
なんだかここ数日でまたすごい伸び率なのだ。
一昨日まで日に1回座ってくれればいい方、だったのになぜか昨日から怒濤のようにトイレ、トイレ。
ちょっと失敗してもトイレ、トイレ。
そうして今日はとうとう大の時も脱いで座ってくれて、成功!!!

※ところで…ただいま飲食中のかたは以下お読みにならないよう強くお願いいたします。。
ていうか飲食中にPC・携帯触っちゃ、だめ!…あ、いま私が食べてるのは別で。モグモグ。







 で、成功!て書いたんだけど実はUが歓喜に沸き返り、そうして沸き返りすぎ、1/3ほど放出したところで
「やった!やった!やったー!」
と右拳を天高く突き上げ、叫びながら『勝訴』の半紙を持った人のようにトイレから飛びだしてしまい、残り2/3はやっぱり床の上に。

なんだその器用さ。

 まあでも不思議と床を汚されるのって全然腹が立たないのだ。
むしろ、いままでの「催してトイレに駆け込みながらも、おむつを穿いたまま中から鍵をかけ、絶対座らず立ったまま」という方が私の「ムッキー」ポイントを激しく突いていたので…。
スポンサーサイト
 
最近のお弁当
2006年05月24日 (水) 23:18 | 編集
最近サボりがちだったので撮り溜めた写真のみ。
キャラ弁、一度手を染めると子にせがまれるものとはおもわなんだ。

「じゃあつぎはぴーぽくんべんとうね!」

ってムリ…。でもかなり強く言われているのでそのうち作るしかないのか?!

まるりん

所用で保育施設に預けるため作ったお弁当。
まるりんをつくって、と言われパンダなら白黒だから楽勝!と安請け合いしたら、本物のまるりんはブチが灰色!…本物は見なかったことにして、とにかく作った後Uに「これ、言われたとおりまるりんだから」と言い聞かせた。
結局昼食前に私の所用が終わり、早めに迎えに行ったら、Uは喜ぶかと思いきや「いやあああ!おともだちといっしょにごはんたべゆのー!かえやないのー!」と号泣。
あらあ。
 
  • ご飯、海苔

  •  
  • チーズの磯辺巻き

  •  
  • ブロッコリー、プチトマト

  •  
  • 隠元、人参の牛肉巻き焼き

  •  
  • 大根と人参の甘酢風サラダ

  •  
  • レッドグローブ


  • はなはなマロン

    外出する予定がなくてもお弁当が食べたいと言われた日に作る家用弁当を、頼まれてもいないのに勝手にキャラ弁に。誰だかわかってもらえなかった。失敗。はなはだイカン。
     
  • ご飯(薄焼き卵(黄身のみ)、ハム、人参のグラッセ

  •  
  • たこさんウィンナー

  •  
  • プチトマト

  •  
  • もやしと豆腐のチャンプルー(もやし、豆腐、小ネギ、かつおぶし)


  • みみりん

    所用で保育施設に預けるため作ったお弁当。
    みみりん弁当つくって、というのだが…いいのか?みみりんで?何度も確認するがやっぱりみみりんがいいらしい。とりあえずそれっぽく作る。
    保育施設からの帰り道、全部食べられた?と聞いたら「あのねえ、ぶよっこいー(ブロッコリー)とにんじんはたべやえなかったの。だってねえ、かたかったかや(固かったから)。Rせんせいにあげちゃった」。うーん。触ったらほろりと落ちるほど相当柔らかかったんだけどなあ。
     
  • ご飯(海苔、人参)

  •  
  • ブロッコリー、プチトマト

  •  
  • ハンバーグ(玉葱、ピーマン)

  •  
  • たこさんウィンナー

  •  
  • コーンと人参のソテー

  •  
  • メロン
  •  
    トイレ、進歩?
    2006年05月22日 (月) 00:38 | 編集
     Uが昨日、今日とそれぞれ1回ずつ自分の意志でトイレに入り、おしっこを成功させた。わが家では大ニュースだ。

     2歳もそろそろ11ヶ月の声が聞こえてきている。
    トイレトレーニングがまったく進まず本当に焦っていた。
    トイレにキャラクターカレンダーを貼って楽しいトイレを演出してみたり、シール制度を導入したり、しまじろうのトイレ話DVDを見せたり、いきんでいる最中に運ぼうとしたり、褒めたりおだてたりつい怒ったりなどしていたもののUは終始一貫して「トイレいかないかや!いやだいやだ!」の一点張り。
    いきみ始めたからと無理に運ぼうとした日には大暴れした挙げ句逃げだし、ついには便秘気味になる始末。

     そのくせ寝る時間になると半狂乱で「トイレ行く!トイレに行きたいの!おしっこしたいの!」と大暴れ。
    2階の寝室に行っては1階のトイレへ…を何度も繰り返し、最後には必ず私が怒ってしまい「もういい加減にして!」と怒鳴ってしまうのだった。
    トイレトレで怒るとこどものトラウマになると思うともうそんな自分にもげんなりで気分ローは加速しっぱなし。

    もうだめだ…3歳になるのにトイレで用を足せないなんて…もう22世紀にも間に合わない(*)かも…と絶望の渦中(大げさ)にいたのだった。

     (*)U、何歳だよ。

     ところがGWに入った途端、Uに大変化が。
    大のみトイレでできるようになったのだ!
    おおおお!

    まあオムツはいたまま、なんだけども…。

    つまり便意を感じると慌ててトイレに入る。ズボンもおむつも脱がず、トイレの鍵だけ閉め、終わった後実に爽やかな顔で「出たよー」と教えてくれるのだ。
    やれやれ。
    でもそれでも私にとっては大きな一歩だった。

    GW中はUが風邪をひいていたので、もう治ったことだしと昨日下半身丸出しでリビングに放流してみた。
    1度リビングでおもらしして「ママーおしっこ出ちゃったかや。出ちゃったかやー」とあわてて適当な布きれで拭こうとしたUだったが、次のタイミング(2時間後)まではおむつをあて、そろそろ…という頃にまたおむつを脱がすと急に「あれ?」という顔をして慌ててトイレに駆け込んで中から鍵を閉めている。

    もしや…と思ったら中から
    「U、おしっこできたのー?トイレでおしっこできたのー?」
    という叫び。なんで疑問系なんじゃいと思いながらも外から鍵を開けると…おおおおトイレにしっかりおしっこが!

    うまく収まらずに周りにも飛び散っていたけれど、そりゃもう小躍りで拭き掃除。
    無論相方と一緒にUをべた褒めだ。

    しかしその後、また「オムツかえないかや。ぬがないかや。トイレいかないかや」に戻ってしまった。
    今日も朝からそんな感じだったので、もういいや…と思っていたら寝室へ行く直前またも「あれっ?」な顔をして突然自分でズボンとおむつを脱いでトイレへ急行。
    鍵を閉めたので相方と二人、覗きたいのを堪えてトイレの外でしばらく待機。と、

    「おしっこでたのー?トイレでおしっこできたのー?」

    おおおおお。急いで開けるとちゃんとおしっこが出てる!また周りにちょっと飛び散ってたけど!
    そうしてやっぱり、なんで疑問系なのかよくわからないけど、おおおお。
    すこーし前進。すごいよ。嬉しいよ。なにより頑張ったよ、えらいよU!
    相変わらず大のほうはオムツを穿いたままなんだけど、それでもしたくなったらトイレに自分で入るってことはわかっちゃいるってことなんだよな。
    焦らず待つよ。
    でも22世紀までは待たせないでくれえ。

     (*)生きてるつもりか?

    -----
    <<付記>>
    近所に西松屋というこども用品ショップがあることを最近になって知り、今日行ってみた。
    トイレ用ステップを購入。(いままではUが自分一人で大人用トイレに補助便座をセットして勝手に座って勝手に降りていた。私がやろうとすると激しく怒るのだが危なくて仕方がなかった。)
    これで少しは昇降が楽になるかな。

    ところで、今日そのお店でパンツぱんくろうの「トイレさま便座カバー+かみこさんトイレットペーパーホルダーカバー」を発見!
    ちゃんとトイレさまは、トイレ蓋の内側に顔があるですよ!
    家族で大興奮、どうするどうする?と盛り上がったが、もしかしたらうちの蓋に合わないかも…と今日の所は購入を見送った。
    家に帰って見てみたら、なんとか入るようなのだ。しまった買えばよかったなあ。
    Uも、店で見たのを覚えていたので夜寝る前に入ったトイレで
    「あれー?きょう、Uのおうちにおみせのトイレさまこなかったの?」
    と訝しがっていた。ごめん、また次買いに行こうね。

     初めてパンツぱんくろうを見たときは「なんて気持ち悪いキャラクターなんだ…」と脱力したものだったが、Uがこんなに好きだとなぜか愛しくて仕方ない。
    親の身勝手なり。
     
    5月17日(水)の幼児食・昼寝
    2006年05月17日 (水) 23:49 | 編集
    2歳10ヶ月。
    朝(7:15)
     ・ミルク食パン、レーズン入りパネトーネ(あわせ8枚切り1枚分ほど)
     ・トマト
     ・杏ジャム入りヨーグルト
     ・ルビーグレープフルーツ

    昼(12:00ごろ)-託児施設で、持参させたお弁当
     ・ご飯(子供茶碗一杯)、薄焼き卵(全卵1/6個分ほど)
     ・唐揚げ
     ・プチトマト、キャベツ
     ・ほうれん草の磯辺巻き
     ・茶豆
     ・レッドグローブ

    おやつ(15:10)
     ・安倍川マカロニ

    夕(19:10)
     ・ご飯(子供茶碗2杯)
     ・カレイの煮付け
     ・大根と人参のサラダ風なます
     ・長芋のとろろ
     ・もずく酢
     ・なめこと豆腐のお味噌汁
     ・レッドグローブ

    昼食


    昼寝:14:00~15:00(1h)
    散歩:午前から4時間外出(私が所用のためUのみ託児施設へ)
    起床&入眠:6:30、21:20
    -----
     久しぶりの託児所、全然泣かず。
    レポートにも「まったく泣かないで他の子と楽しく遊びました。」とのこと。
    ついでに「しまじろう弁当は「わーいしまじろう!」と叫びながら左耳から食べていました」…て先生…というかUよ…。

    家に帰る道すがら「今日は何をしたの?」とUに聞くと「みんなではしったよ。くるまもあそんだよ。あつまれーってあつまって、みんなでご飯たべたよ。おともだちはボーゥであそんでた。しまじろうおべんとうは先生がびっくりしたよ」と今日あったことを話してくれた。
    ううーん、すごいすごい。
    先生も「ちょっと見ない間にまた随分話すようになりましたねえ!今日はずーーーっとお話してくれました」とのこと。

    そうなのだ。言葉が増えてこの方、最近Uは日がな一日話している。
    勝手に話を作ったり歌を作ったり。
    話し方がなんともいえず愛くるしくてたまらず、ムハーと卒倒しそうなぐらいなんだけれど外では到底言えないからここで書いて堪えることにする。

     そういえばここ半月でUは読むのが早くなった。
    へたすると知っている単語ならばすらっと読むので暗記しているのか?と思ったりするとまだ読んでいない新しい絵本だったりする。
    文節毎に区切られているこどもちゃれんじだったりするとかなり早い。

    ついでに、とうとう相方がしびれをきらしてカタカナにも手を出した。
    字フェチだけありこれもほぼ読めるようになっている。
    昨日はUが仕掛け絵本のtypoを発見した。ちょっとびっくり。

     ところで、私の話。『ダ・ヴィンチ・コード』と『ハリー・ポッター』最新刊をアマゾンで買ったら一気に届いた。
    おおう、しまった。ハリー・ポッターは本日発売日だったのか。

    なかなか臭います


    アマゾン特典とかで、ハリー・ポッターにつけるのにちょうどいいカバー兼バッグがついていた。
    こりゃー便利…なのかな。却って目立つ気もするけれど。どうだろ?
    明日外出するけど使ってみるか?
     
    フィヨフィヨフワフワ
    2006年05月17日 (水) 15:03 | 編集
     確かに毎年春になると何を着るのか悩む。そうして毎年こうやって日記に書く。何の解決にもなりはしない。買えばいいのに。
    「でも春物って着る期間短いし」「次のシーズンにはきっと違うデザインが流行ってるし」とかなんとか毎々言い訳をするのだ。

     しかーし、ここ数シーズンは違う。根本的に違いすぎてすっかり弱っている。
    何が違うって流行のテイストが。
    麗しのエビちゃんの影響でどのブランドもフィヨフィヨフワフワとフリル、リボンにレースのコンボだ。

     あーこれって他人が着ているのを見るとかわいいなと思うんだよな。
    でも自分が着ると違うんだ。違うし、なにより自分の好みと違うんだ。しかも年齢的にも大違いなんだ。

    別に流行服を着たいわけじゃない。
    でも、流行のお陰でいままで買っていたブランド(でもメーカー、でもいいんだけれど)の服まで一斉にフリフリ盛り。
    今日もUを一時保育に預けて所用を済ませた帰り、ちょっと見てみるかと入ったショップで、一人眉間にしわ寄せ思案しまくり…。

    困ったなあ。そろそろスカートがほしいんだ。それだけなんだ。
    フレアーでもない、ティアードでもない、そんなスカートがほしいんだ。
    抵抗してもしょうがないのかなあ、買うか?37にしてフレアー…うーんうーん。

    フレアー37、大地に立つ

    そりゃ公国も独立したくて戦争起こすっての。
    ぶつぶつ言う私に相方は「そんなこと言ってると本格的に老けるよ。着たい服着れば?」と言うのではあるが、しかしねえ。

    困ったなあ。

    あ、文中の2桁数値は体重ですの、おほほ。
    と、とってつけたようなことを書いてみるのであった。
     
    今日という日に
    2006年05月14日 (日) 22:39 | 編集
     ゴールデンウィーク、というんでしたっけ。
    日本ではもうすっかり終わったらしいですわね、大型連休。
    わたくしたち、この1ヶ月ほどバリのコンドミニアムでヴァケーションを愉しんでましたの。

    …という、わが家とは無縁の会話は叶姉妹あたりに任せ、どこに行くということもなく連休を終えたわが家である。

    せいぜい私の実家へ行き、また家電を買ったぐらいだ。
    来訪者といえば既にとっているはずの日経新聞が2週間無料購読キャンペーンとやらで購読を勧めにきたぐらいである。

    あとは風邪で熱で具合を悪くした相方、そうして熱まで出し食欲まですっかり落とし機嫌が悪すぎて暴れまくるUとほぼ家に籠もりきりだった。

     ちなみにこの日経来襲の際は相当テンションがローだった私が出たのだ。
    そう、私は半月ほど気分がかなりローだった。
    そんな中の日経来訪。

    日経「こんばんはー日経新聞のものです」
    私「…いつもお世話になっております。」
    日経「ただいま2週間の無料購読キャンペーンをおこなっておりまして、是非知っていただきたく参りました。」
    私「(棒読み)…にしゅうかんむりょうこうどくきゃんぺーん。」
    日経「(反応に希望を持って)はい!この機会に皆様に日経をもっとよく知っていただきたいと思っております。」
    私「(棒読み)…いま、にっけいをとっています。」
    日経「(イライラしたように)ええ、ですからね、日経をおとりになってらっしゃらないみなさまに」
    私「いま、うちは、にっけいを、とっています。」
    日経「(キレかけて)ですから、にっけ…え?…(がさごそ)…ア!!!

      (シャーー…空気の音)

    日経「あのぅ…」
    私「…はい」
    日経「今後ともよろしくおねがいいたしまーす

    …はい、よろしくおねがいいたします。

     買った家電は冷蔵庫だった。
    実はわが家はいままで私が一人暮らし時代に使っていた2ドア165リットルを使っていたのだ。
    いま住んでいる家はあくまで仮住まいという意識が強かった。
    本当はすぐに出て家を建てる…はずだったのが出産やら希望に見合う物件がないやらで延び、そのうち2世帯にしようという話になるやらでさらに延び延びになっている。
    そうして家電は「いまの家に合わせても仕方ない」という理由から、一人暮らし時代に使っていたもので使えるものをそのまま使っていた。

     しかし、使えるモノだったはずの冷蔵庫はUが生まれて瞬く間に「小さく」なった。
    あっという間に食品でいっぱいになってしまい、かなり手を考えないと奥のものが効率よく取り出せない。

     (*)なんだそれ、どんな倉庫番だよ。

    しかもここ半年ほどは頼んでもいないのに冷蔵室で様々な食品のルイベを作ってくれたりする。料理の鉄人。

     先日とうとうパッキンがパキンッと(*)取れるに至ってようやく仮だのなんだの言っている場合ではない、ことに気づいたのだ。

     (*)…あ、いや…

    とにかくカタログであれこれ検討し、家電量販店に押しかけ、30分ほどさらに偵察、ようやく買った冷蔵庫が昨日届いた。

    素敵だね、ステンレスシルバー。




    …ってそれホワイトグレー!

    設置担当は購入先とは別会社で「伝票にはこれって書いてありますから」と言い切って置いていったものの、とにかく量販店に電話。

    わかったことには店頭担当者が発注伝票に商品名だけ正しく書き、業務用(店内用)商品コードを誤転記していたのだった…。
    「とりあえず次の納品日までそのままお使いください」
    と言われたものの、納品日が1週間後。ああ、またナマモノ調整しなくちゃならないのか…どんより。

    ついでにこちらは


    今日買った新しい防音マット。フローリング調がそれ。
    奥の青いのが前のもの。実はどれだけ必要か調べずに行ったので枚数が足りなかった。
    以前買いに行ったときは防音システムタイルマットというとコルクタイプしかなくて、私があまり好きではなくとりあえず普通のカーペット調を買ったのだった。しかも、色目がグレー、青、ワインレッドしかなくて仕方なく青に。
    しかしUが2歳を過ぎたらますます作り出す騒音も力も増大して、厚さ7mmのカーペットじゃ到底カバーしきれない。

    毛足もへたってきたしと買いに行ったら木目調が出ていた。ラッキー。
    リビングに変な色を置くよりこっちの方が断然いい。
    厚みも1cmになり、Uにジャンプ&でんぐりがえりをしてもらうと相当吸音してくれている。(もちろん0にはならないけれど)これはいいな。

    ちょっと気になるのが通気性が悪いのでやたらと温かいことなのだが…。
    夏場蒸れるかな。

    そんな1ヶ月。

    …なんてことを書いてたらフィフス・エレメントを隣で観ていた相方が、ディーヴァが撃たれるシーンで「アッ!」などと驚愕している。

    何度その映画観てるんだ。毎回どんだけ新鮮な気持ちで観てるんだ。
    とそちらに驚愕した私。
    Powered by . / Template by sukechan.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。