忘れがたい諸々の
最初に(言い訳)
ここのヌシが:
 1)家事が苦手。
 2)盛りつけってナニそれ食えるのか。
 3)そのとき脳内8割を占めたことを衝動的に書く。
 4)「です」「ます」という文体を基本的に知らない。
 5)リンク/お気に入りに入れるも外すもシャディー・アズ・ユー・ライク。(*)
 6)渡されたバトンは必ず落としてしまう。
 7)トラックバック・コメントのお礼のトラックバック・コメントは要らない。(**)
 8)1)~7)から推察される通り、30代も半ばを過ぎてかなりアレな人物
(である)ことを念頭に置いてお読みください。むしろそう読むがいい。ああ、読むがいいさ。


(*)どちらも断りは不要です、そういうものだと思っております。
(**)TB,CM元からお越しくださった方、ありがとうございます。お気持ちだけいただきます。あ、ただ逆の場合こちらからのお礼コメントはさせてください(←)
(***)今思いつきと勢いでこれを書いているので後ですぐ消すかもと思うと文章を考えた時間が無駄に思えてなりません。
     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
すいか
2005年07月31日 (日) 23:14 | 編集
 今まで夏の果物といえばすいか・メロンであったのが、ここ数年その売れ行きが落ちて代わりにマンゴーが台頭し始めていると数日前の日経新聞に載っていた。
すいか・メロンではずれを掴み妙に青臭いだけのものを食べるより、熟せば必ず甘いマンゴーに人気が集まっているのだそうだ。

 そんな世相をまったく反映しない我が家の夏の風物詩は今年もすいか。
相方が大のすいか好きなのだ。
すいかの選別だけは相方にお願いするぐらいだ。
なぜか私が選ぶと青臭いことがある。相方お見立ては必ず甘い。
やはり好きなだけのことはあるのだ。
好きが高じて食べ方にも凝るあまり珍妙な食べ方を考案し、それが元で「食べ物で遊ぶな」という私と大喧嘩をしたことがあるほどすいか好きなのだ。

 昨日駅前で買った「高原すいか」というのが非常に甘くておいしかった。
私が選んだのだが珍しくとても甘かった、ということは全体的にはずれがないほど甘いのだろう。
うちは1/6切りぐらいのカットすいかを買うのだが、そのカットに貼ってあるタグシールにこう書いてあるではないか。

すいか大王

 大王!大王て!世界史を選択しなかった私にとって大王といったらニコちゃん大王ぐらいのものである。
そういえばニコちゃん大王って一頭身で、すいかに見えなくもない。
こんなところで大王に相まみえるとは。
大変深い感銘を受けた。
その夜相方に出す際
「Uに出すとき少し味見したんだけど端まで甘いみたいよ。なんたってすいか大王っていうくらいだもの」
と何故か私が大いばりだったのである。
相方も
「へえー」
と感心することしきりだった。そうしてそれは一口食べて大絶賛へと変わった。

 そうして今日、また駅前に用事があったのであのすいか大王を買って帰ろうということになった。
すいか大王のコーナーに行くと、マネキンのお姉さんが試食を勧めていた。
「高原すいかは標高の高い地域で作られ、昼・夜の寒暖差が激しいことから大変な甘みを生み出します」

ほほーう、そうして大王ができるわけだ。
私はコーナーをのぞき込み、選別に入った。
今日も甘そうなすいか大王がたくさんある。
一応相方お見立てでお願いしよう、と振り替えると相方が試食のすいか大王をUに食べさせているところだった。
Uが輝く笑顔ですいか大王にかぶりついている。
去年はあんなに「ぶえ…」と口から吹き出すほど嫌いだったのにね、すいか。
やっぱり相方の血か…と感心しつつ、「よろしかったらどうぞ」と購入を勧めるお姉さんに軽く会釈をした。
なんとなく「昨日買いましたよ、やっぱりすいか大王っていうだけあって本当に甘くておいしくて。だから今日も買いにきたんです」と、まるで映画試写客のコメントCMぐらい一気に言いたいぐらいの気持ちの高ぶりもあったのだが、Uのかぶりつきで気が散りやめたのだった。

夜になった。大人はUの寝たあと食べることにし、Uの分だけ食後に切り分けようとした。

切り分けながらふと思った。
そういえばマネキンのお姉さん、昨日から高原すいか、って言っていたけれど、じゃあすいか大王というのは商品名で高原すいか、というのが品種名なのだろうか?

わき上がる疑問に切り分ける手を止め、あらためてすいかのパッケージについていたタグシールを見てみた。
こう書いてあった。


「すいか大玉

……よかった。言わなくてよかった…。
店頭で、遠くにいる相方に向かって「あった!あったよ、ここに!すいか大王!!」とか。
マネキンさんに「おいしいですよねえ、すいか大王!!」とか。
…よかった…本当に…。

すいかの神様、ありがとう…。
スポンサーサイト
 
7月30日(土)の幼児食・昼寝
2005年07月31日 (日) 08:09 | 編集
2歳1ヶ月。
朝(7:00)
 ・レーズン入り食パン(8枚切り1枚分)
 ・ソーセージと玉葱のソテー-初ソーセージ、半分残された…
 ・トマト
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)

昼(12:25)
 ・鶏と卵の混ぜご飯(←ご飯に鶏ささみ、卵焼き全卵1/8個分、ネギ、コンソメ(微量)を混ぜた)
 ・切り干し大根の煮物-小分け冷凍しておいたもの
 ・3食ピーマンのマリネ
 ・プラム(1個)

おやつ(16:30)-散歩帰りに寄ったデニーズ
 ・季節のフルーツゼリー(ぶどう)
 ・おこさまジュース(りんご&ちょっぴりやさい)-おこさまイベントサービスでいただいたもの

夕(19:10)-大人食取り分け
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・とんかつのトマトソース和え-衣を外して。玉葱、アスパラガス、トマト。アスパラガスは綺麗に残された。
 ・キャベツと人参の千切り
 ・しめじ、ネギ、豆腐のおみそ汁
 ・すいか

昼食、夕食



昼寝:11:00~12:20(1h20min)
散歩:午後3時間ほど
起床&入眠:5:40、21:15-週末定例ビデオチャットで就寝遅れ。
-----
 最近のUはお気に入りキャラクターが辛い目に遭うとショックを受けて泣いてしまう。ストーリーが、というより雰囲気がなんとなく理解できるようになりはじめたらしい。
 こども番組の「ぐーチョコランタン」で主人公達が「助けてぇ~」と叫ぶほどの窮地に陥ったらうわっと泣き出してしまった。
「ジュジュー!ジュジュー!す…す…じゅ…ジュジュー!」
(ってズズばっかりだよおい。)

 自分が振り回した拳で私が「いったーぃ…」と目を押さえることになれば…ママ…いたい…(ああううぅ…)」と泣きそうになるし、しまじろうが「ごちそうさまー!あれぇ…なんだか元気が出ないよう」と言えばもうただただ切なくて泣けるらしい。
都度、あわてて「大丈夫、スプーたちきっと助かるよ」とか「痛いの飛んでった!」とか「しまちゃん、お野菜食べたら元気になるんじゃないかしら」と言うのだがUの心配はなかなかやまない。
お気に入りキャラクターといいつつ私が密かに紛れ込んでいることは軽く流してほしい。
それにしても、私もこんな頃があったのかなあ。

 デニーズはいま(~8/7)おこさまイベントサービス中で、店員と子がじゃんけんをして子が勝つとジュースをサービスでくださるそうな。
店員にそう説明されたのだけれど、U、グーチョキパーの判別はつくとはいえじゃんけんなどという超高度思考と超精巧技術(*)を必要とするゲームのできるはずもなく丁重にお断りした。

 (*)「グー」はできますが「き!(ちょき)」と「ぱー」が同じ形なのです。
 いや、よく見るとチョキの時微妙に薬指と小指は微妙な角度を描いてぷるぷる揺れています。
 そんな調子なので「しゃい!(2歳)」もプルプル5歳です。


そうしたらなんと「でしたらサービスさせていただきます」。
おお。というわけで選んだジュースがやさい&ちょっぴりりんご。
 
7月29日(金)の幼児食・昼寝
2005年07月29日 (金) 13:01 | 編集
2歳1ヶ月。買い物中熟睡、またも抱っこ帰宅。
朝(7:15)
 ・無糖コーンフレーク(20gほど)+牛乳(100ccほど)
 ・ポテトサラダ(昨夜の取り分け)+蒸し鶏
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)

昼(13:15)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)、青海苔かけ
 ・「野菜たっぷり揚げ」(とうふ工房豆月庵)の野菜あんかけ(人参、アスパラガス、しめじ)-あんだけ作る
 ・プラム(1個)

おやつ(15:15)
 ・野菜ジュースの寒天ゼリー(130cc)
 ・牛乳(100ccほど)

夕(18:40)-大人食取り分け
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・レバニラ(Uの分は韮は少量。代わりに人参投入)
 ・えのき、わかめ、豆腐のおみそ汁
 ・プラム(1個)

昼食、夕食


昼寝:11:40~13:10(1h30min)-買い物中寝てしまった。
散歩:午前中2時間。炎天下歩き通し。
起床&入眠:6:10、20:15
-----
 買い溜めした日に限ってU熟睡。
しかもレジでの精算が終わった途端熟睡。何かの作戦か。
「こちらブラボー3、SleepingDuty作戦開始」
てデューティーかよ。
…そういえば小さい頃父がよく見ていたアメリカの戦争物映画で「こちらチャーリー云々」と言っているのを聞いて「なんか、やたらチャーリーさんが多い軍隊だなあ」と思っていたっけ。

 (*)"チャーリーさんの出生の秘密"を知りたい方はこちら(フォネティックコード)

しかしなんというか何度かやっていると不思議と慣れるモノで、両肩にそれぞれ3kg以上、両腕で14kg程を抱えて歩きながら「ああ、まっすぐ帰れるから楽だわあ」なんて思っていたりする。
まあスーパーから家まで歩いて7,8分だから言えることなのだろうけれど…。
-----
 昼食の「野菜たっぷり揚げ」は、スーパーで見つけた野菜入り厚揚げ。
人参、ごぼう、玉葱、昆布が入っている。
私にとって気にする食材が入っていないので買ってみた。
ついでに、そろそろソーセージデビューしたかったので買ってみた。
無着色、無添加とあるけれど塩分どのぐらいだろう。
-----
 最近覚えた「Go, go, go, go! Stop!」(U的には「ごーごーごーごー、スチョッ」)が、レゴブロックに入っている象ブロックのせいで進化してしまい「ぞーぞーぞーぞー、スチョッ」になっている。
もはや原型をとどめていない。
というかそもそもそれは進化というのだろうか。
 
7月28日(木)の幼児食・昼寝
2005年07月28日 (木) 21:44 | 編集
2歳1ヶ月。なぜか散歩を拒否された一日。
朝(7:15)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・しらす入り肉じゃが-昨夜の取り分けにしらすを投入したもの
 ・プラム(1個)
 ・無糖コーンフレーク(2口ほど)-足りなかったらしい

昼(11:40)-道半ば(!?)にして熟睡
 ・ツナとトマトのスパゲティ(ほうれん草)-ほうれん草が残る
 ・キャベツとレーズンのサラダ-ほぼ残る

おやつ(14:10)
 ・人参寒天ゼリー(プラム入り)(130cc、砂糖小1/2)

夕(18:40)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・納豆
 ・白身魚のおろし和え(青海苔)
 ・ポテトサラダ(人参、隠元、コーン)、トマト
 ・白菜とわかめ、油揚げのおみそ汁
 ・プラム(1個)

昼食、夕食


昼寝:11:50~13:40(1h50min)-家事充実~
散歩:なし-おやつ後行こうとしたら全然てんでまるきりちっとも興味なし。なぜだ!?
起床&入眠:5:40、20:20-相変わらず5時台起床続く。
-----
 実は片付けていた昨日とはうってかわって今日は本当に「お散歩行くよ」といってもあっちでザー、こっちでザーと細かいおもちゃをひっくり返す日だった。
怒らないようにしながら、しかし確実に苛立ちを募らせつつおもちゃを片付けるが、片付けた端から違うところをひっくり返される。
片付けは諦め、今度は無理に服を着せようとしても怒って反っくり返るしとそんな追いかけっこを40分以上続けているうちすっかりいやになり、散歩なし。
まあいいさ散歩しないからって死ぬわけでなし。
…いつもはあんなに「でって(おでかけ)」「ぽ(散歩)」で浮き足立ってるじゃないか。なんなんだよう。

 家時間が長いので、トイレトレの作戦を変えようと、
「U、パンダさんがトイレいくからつきあってって言ってるよ」
と、生茶パンダのパペットを片手にトイレに連れて行ってみた。
ワクワクしながら入るU。
パンダ用にと、自分の補助便座をセットするU。
間髪入れず突然水を流すU。
落胆を隠せない私。
嬉しそうに壁の「出来たら貼ろう!トイレトレシール」ポスターに「しゃーしゅ(シール)」といいながらシールを1枚貼るU。
「ありがとうね」と生茶パンダに有り難がられくすぐったそうなU。

若干テンポは狂ったが、なにか素敵な出だしに思えた。
5分後までは。

5分後、Uが生茶パンダを持ってきて「しゃんしゃん、ぁいれ!」と言うではないか。
ハッ、こ、これはもしや…。
「い、いや、あのね、パンダさん、さっきトイレ行ったから今は行かなくていいって」
途端にUがギャーーーーーーーー!

「しゃんしゃーん!ぁいれーーー!ジャアアアアアア!シャーシュー!」

 …U語検定準1級資格取得者である私が翻訳しよう。こうである。
「パンダさんを入れろ、トイレに。私は要求する。私がジャアアアと流すことを、トイレの水を。そうして私は貼りたい。壁に、シールを。」

…こんな英文直訳体で準一級が取れるのかという疑問はさておき、とにかく自分は全然トイレに座る気はなく、他人(他生茶パンダ)に座らせて水を流したいだけなのだ。
こりゃいかん。
「あ、じゃあU代わりに座ってみる?そしたら自分で流して、自分でシール貼れるんじゃない?」

どうだ、だてにオカン業を2年もやってないぞ。くっくっく。
しかし、Uは私の言葉が終わらぬうちに

「ギャアアアアアアア!しゃんしゃん、ぁいれーー!ジャアアアアア」

そうして「ジャアアアア!ジャアアアア!」と叫びながら泣き伏すのだった。
ジャアジャア泣くな、U!ほどよく炒まっちゃってるみたいじゃないか…。

…作戦の変更が必要なようである。
 
7月27日(水)の幼児食・昼寝
2005年07月27日 (水) 22:05 | 編集
2歳1ヶ月。久々散歩でテンション高すぎ!の一日。
朝(7:15)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)、スライスチーズ(1/2枚)
 ・もやしとしらすの和え物
 ・トマト

昼(11:50)-完食後、フルーツ前に熟睡
 ・焼き海苔おにぎり(子供茶碗一杯)
 ・鶏ささみと野菜のグラタン(玉葱、人参、コーン、ブロッコリー)

おやつ(14:00)-起きて「ゃちゅ!」(おやつ)と激泣き…負けた。
 ・水ようかん(130cc)-さらし餡大2。砂糖小1/2。
 ・ココア(牛乳50ccにピュアココア微量)

夕(18:30)-緑黄色野菜ことごとく残される
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・肉じゃが(牛肉、玉葱、人参、隠元)-人参、隠元残す
 ・もやしと大根の葉、豆腐のおみそ汁-大根の葉残す
 ・プラム(1個)

昼食、おやつ、夕食


昼寝:12:10~12:50(40min)
散歩:おやつ後2時間(遠回りして買い物~公園)
起床&入眠:6:10、20:15
-----
 最近、昼食中か昼食後に40~50分ほど寝るというのが昼寝パターン。
少し前になってハイ&ローチェアで船をこぐUを起こさず抱っこする方法を見つけ、昼食後の雪崩昼寝(?)が可能になった。
午後たっぷり遊ぶので夜の寝付きも早く、しかも熟睡できるようだ。
U自身も一番眠いときに自然に寝るせいか起きたときのぐずりもさほどひどくない。いや今日は久々に泣いたけど。
でも、いいぞいいぞ。

 風邪やら台風やらで思うように外に行けなかったこの1週間。
久々の純粋散歩は非常に楽しかったらしくなにかとテンションが高い。
いきなりヒョオオオオ~と叫びながら後ずさりダッシュをしたり(=最近の流行)、ついでに寄った八百屋の店先で私がプラムを取り損ねて転がせば腕の中で大爆笑(*)、ようやく、見かねたどこぞの老婦人にカゴに入れていただけば両手を上でぱちんと合わせてOの字を作り「オッケー!」の叫び。

 (*)八百屋に行くと興奮して触りたがるので、片手でUを抱っこ、片手で商品を取り…ということをしていたのです。
そのため片手で薄いプラケースに入ったプラムパックを取ろうとしてバランスを崩してこぼしてしまった、という次第。


 そうだよねえ、熱は出ていても元気だけはあったから久しぶりの散歩は楽しかったよね。
-----
 今日、2度ほどUを勘違いで怒ってしまった。
1回目は散歩の直前。2回目は寝る直前。
2回とも、「今から散歩だから(寝るから)おもちゃを片付けなくちゃ」と片付けているUの後ろ姿を、おもちゃを出していると勘違いしてしまったのだ。
「それさっきママが片付けたでしょう?なんで今から出かけ(寝)るって言う時に」
と怒りながら手をとろうとしてしまったのだ。
うーうー言いながら振り向いたUは、無論言葉では言い訳はできないけれど表情と声の抑揚が「早く片付けて外に行きたい(寝たい)けど、うまく片付けられない」ことを物語っている。焦るので余計箱に入れられず、それで慌ててがちゃがちゃしているのを私が勘違いしてしまったようだ。

驚き慌てて「ごめんね、片付けてたのね、ママうっかり勘違いしちゃったよ。
上手にお片付けできてるね。ほらこれ、この飛び出しちゃうのね、こっちに入れるともっと上手にはいるんじゃないかな?…ほらね?すごいね、Uひとりでできたね!」と変なフォローを入れつつ頭をなでる。
嬉しそうに笑うUを見てかなり自己嫌悪。
少し考えたら2回ともちゃんとUは「づてー、づてー(お片付け)」と言いながらおもちゃ箱に走っていってたのに。
自分の都合だけで先を急いでしまった。まだまだだよ…。
 
7月26日(月)の幼児食・昼寝
2005年07月26日 (火) 23:30 | 編集
2歳0ヶ月。大雨洪水警報で買い物行けず、空の冷蔵庫でなんとか凌いだ一日。
朝(6:40)-相方起きるまで待てず。
 ・無糖コーンフレークのヨーグルト和え、実家製梅ジャム微量
 ・ミニバナナ(1/2本)

昼(11:20)-作っていて何が何だかわからなくなった取り合わせ
 ・しらすとわかめの炒飯(胡麻)
 ・鶏ささみと野菜のクリーム煮(白菜、ブロッコリー、コーン)

おやつ(14:40)
 ・きなこスコーン-またも桐生汰摩さんのサイト、HAPPY&PRETTYより。

夕(18:30)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・鶏肉の野菜巻き煮(隠元、飾りに人参)
 ・切り干し大根の煮物(椎茸、人参)-小分け冷凍しておいたもの。出汁で煮ただけ。
 ・ほうれん草と豆腐のおみそ汁
 ・ルビーグレープフルーツ

昼寝:11:50~12:40(50min)-リズムが戻った、かな。
散歩:なし
起床&入眠:5:30、19:50
-----
 台風関東上陸?と前夜からのニュースにあわてふためく。
昨日外出したのに、帰りUが疲れた様子だったので買い物せずに帰ってしまったのだ。明日でいいや、と。
冷蔵庫はほぼ空。あとは乾物しかない。乾物でもいいけれど最近使ったばかりだし…と、ネットスーパーで久々に買い物をすることにした。

 ネットスーパー、18時~20時のお届け、とあったのになぜか17:40にきた…あぶなかった。西友ネットスーパーって再配達だと配達料二倍、にばーい(*)。

 (*)若い方は気づかない箇所です。

 本当は小分け冷凍しておいた食材だけで乗り切ろうと思ったが、同じ食材ばかり続いているし、どうせなら新鮮なものを、とその時間から作ってちょっと夕食が遅くなった。

 ところで、この日Uがなにやら陰でこそこそ動いた後私の方を見てにやりと笑いながら
「おーーいしーーい」
と言うではないか。
ちょっと待て、いま何食べた?
「U?いま、何食べたの?おいしくないよ?」
すると、Uがニヤニヤッと笑い

「オシエナーイ」

…もうね、腰抜けるとか抜けないとか切ったとか張ったとか別れろ切れろとか盆だの正月とか、何がなにやらわからない状態に陥ったわけだ

「教えない」。「教えない」。こんな言葉教えたことない!

それをどこで、いつ覚えていたのか、いつの間に!おお、我が息子よ!
興奮で震える手を自制しつつ

「も、もう一度聞くよ?いま、なに、たべてたの?」

するとUがまたもニヤリと笑いつつ

「おいし、なーーーーーーい」

…………「おいしく ない」だった。
いつも言ってたわ。
はは。ははは……ふう。
 
google earth
2005年07月26日 (火) 00:28 | 編集
いまさらだがgoogle earthの話。
ダウンロードした後相方と探しまくったあれ。
8割の検索、2割の動物的五感(*)とを駆使して探したあれ。

(*)ん?第六感じゃなくて?

それはナスカの地上絵。
みなさんおなじことをされているようで…。

ナスカの地上絵というのは、写真で見るようにはっきりとはとても見えないこと(写真はある程度よく見えるよう手が加えられているらしい)、しかもそもそも一定の角度、高度、時間帯など限られた条件でしか見ることができないこと…などがわかったのは相方と喧嘩しそうになってまで乗り越えた2時間の後だった。

いや相方はほかの事していたのだけどね。
8割方検索に費やしてるなら、気づけよ自分。

でも最近NASAの航空写真で発見された「成層圏の高さからでないと見えない左右対称の巨大な矢印」だけはくっきり見えるのでごらんになりたい方はぜひ。
(有名な写真だからそれこそ検索すれば見られるのだけれども自分で探して見つかると感動もひとしお。)

Nasca, Peruで検索される市街地からNE方面、南緯14度42分、西経75度10分あたり。

-----
追記。
矢印がわかりづらい場合はまず下記サイトで白黒写真を見てから見直すといいかも。
http://www.asahi-net.or.jp/~pi4t-kmr/OOParts/ooparts34.html

Google Earthなんかダウンロードしてられん!というお忙しいあなたにはGoogle Mapsで:
http://maps.google.com/maps?q=Nazca,+Peru&ll=-14.806086,-75.116959&spn=0.283794,0.467709&t=k&hl=en
 
7月25日(月)の幼児食・昼寝
2005年07月25日 (月) 13:04 | 編集
2歳0ヶ月。結局リトミックに行ってしまったよの一日。
朝(6:50)-お腹空きすぎたらしく相方の起床待てず。
 ・コーンフレーク(20g)+牛乳-いつもと同じ量入れて何となく計ったらこのぐらい
 ・トマト
 ・バナナのヨーグルト和え

昼(11:40)-食べ始めて10分後に熟睡
 ・ご飯(子供茶碗一杯)-全然手をつけないまま
 ・高野豆腐のトマトスープ和え(玉葱、トマト、ブロッコリー、コーン)

おやつ(15:00)
 ・レーズン入りカップ蒸しケーキ(小麦粉大3)
 ・高野豆腐のトマトスープ和え-取り分け分数口
 ・野菜生活100(緑)(50cc)

夕(18:20)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・一口?野菜餃子(豚肉少量、白菜、水菜)
 ・豚肉と玉葱のソテー
 ・ブロッコリーとコーンのスープ

昼食、夕食


昼寝:12:50~14:40(2h50min)-さすがにちょっと疲れた模様。
散歩:午前中2時間
起床&入眠:5:00、20:40
-----
 朝からご機嫌もよく熱もすっかり下がっているのでリトミックに行ってみた。もう絶好調。
いまだにクラスに入ると全然喋らなくなるのだけれど、それでもキャーキャー騒いで走り回るU。ああ学級崩壊。

 久々にまとめて3時間近く寝てくれたので、一緒にちょっと寝て、家事をしてインターネットも少々できてリフレッシュ。

 夕方の餃子は、相方が風邪でダウンして大量に食材が余っているので早急に減らしたくて作ったもの。
茹でて絞って…なのでかなりの量を一気に使える。
あとは微量の生姜汁、醤油、ごま油で味付けて皮で包む。
白菜嫌いのUもうまうま食べてくれて一石二鳥だ。もさもさするかと思ってあんを作ってみたが、特に要らなかったようだ。
餃子の皮はちょっと緩かったかな?
私はスープだけ一緒で、餃子は市販品。

 相方は日中のメールでまだ食欲がないということだったので私の夕食はUと一緒に食べてしまったが、早帰りの相方が帰るなりお腹空いた~ということだったのであわてて冷凍してあった牛肉と、冷蔵庫内の野菜類で冷しゃぶを作った。
3回食状態が続くなあ。
 
7月24日(日)の幼児食・昼寝
2005年07月24日 (日) 23:07 | 編集
2歳0ヶ月。Uやや復活。親は具合が悪いよいつまでも?の一日。
朝(7:10)
 ・ホットケーキ(全卵入り)
 ・鮪と玉葱、パプリカのソテー、カレー風味(カレーの王子様(顆粒、微量)で味付け)
 ・トマト
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)のヨーグルト和え

昼(12:50)
 ・五目冷やしうどん(うどん(1/2玉)、ネギ、水菜の胡麻和え、コーン、蒸し鶏、トマト)
 ・ベビーバナナ(1/2本)
 ・無糖コーンフレーク(少量)-足りなかったらしい

おやつ(15:00)
 ・水ようかん(無糖…というわけにはいかないので少量入れる。さらし餡大2.5)
 ・野菜&フルーツ(グリコ)(100cc)

夕(18:10)-今日もUと二人だけの夕食。ご飯以外は15分で調理完了。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・白菜と牛肉の重ね蒸し、野菜あんかけ-(水菜、かぼちゃ)
 ・じゃがいもとわかめのおみそ汁

昼食、取り分け前で二人分だよの夕食


昼寝:10:50~12:40(2h50min)-ちょっとまだ調子悪いのかな?
散歩:なし
起床&入眠:6:00、20:30
熱:午後:36度06分-微熱
-----
 相方は相変わらず寝たきり。
病み上がりのUは強い構ってモードにシフトするからなかなか手強い。
腰を据えてがっちり一日遊ぶ。

3回の食事は私とUの分だけでよかったのだが、結局それ以外の時間に相方から「なんか小腹空いたかも。そうめんなら食べられる」とか「あれもってきて」といった指示が飛んで、なにやら離乳3回食時代にもどったような2日間だった。

私は午後から持ち直し、相方も夜からちょっと具合がよくなってきた…かな。
Uも昨日は平熱まで戻っていたけれど今日また微熱気味だったし、大事を取って明日のリトミックはおやすみしよう。
でも外気浴だけでもちょっとさせてあげたいなあ。
狭い部屋に閉じこめたままはさすがにかわいそうだ。

そうそう、書き忘れていたけれど数日前から急にUが三語文を話すようになった。
「パパ、ちょーーーっ(ちょっと)、ねんね」
「ママ、てぃっと(おしっこ)、でと(でた)」
インディアン、うそ、つかない!
インド、じんも、びっくり!(強引)
-----
今日の白菜と牛肉の蒸し煮は簡単で早くできるので気が向いたらお試しあれ。(同様に挽肉で作るロールらないキャベツみたいなものだ)

○白菜と牛肉の蒸し煮のレシピ(調理目安時間10分)
<<材料>>
 ・白菜(今日は1/4玉から4枚ほど)
 ・牛肉切り落とし(今日は70gほど)
 ・鶏ガラスープの素(今日は小1/4ほど。いろいろ気になる方は無添加コンソメの素などで代用。)
 ・醤油、酒-適宜。(今日は小1ずつほど。大人用は大1/2ぐらいまで?)
 ・塩、胡椒-今日は胡椒は抜いた。
 ・水
 ・片栗粉(大さじ1+1/2)

<<作り方>>
 (1)白菜を葉・茎あたりで半分に切り、耐熱性容器に入れラップで蓋をして加熱。様子を見ながら2~3分。(茎は厚い部分を2枚におろす?となお熱の通りがよい)
 (2)その間、肉には塩・胡椒を振って揉んでおく。(大人用の時は強めに振る。今日は塩微量と酒で代用。)
 (3)(1)の白菜と、(2)の肉を、耐熱容器に[白菜の葉-肉-白菜(葉でも茎でも。以下同じ)-肉-白菜…]の順に重ねる。一番下を葉、上を茎にするとあとで見栄えがいい。
 (4)(3)にラップで蓋をして3~4分レンジ強で加熱。
  串を刺して肉から血が出てこなければできあがり。
 (5)(4)の煮汁をとり、中身はひっくり返して皿にあける。
 (6)煮汁とあわせて100ccになるよう水を足し、鍋に入れる。
  スープの素、醤油、酒、入れる気満々ならお好みの野菜など(なくてもいいようだ)足して煮立たせる。
  本体の味が薄めなのでここを強めの味にするといい。
 (7)水で溶いた片栗粉を(6)に入れ、とろみをつける。
  このとき、少しとろみをつよめにつけると味がからみやすくおいしい。
 (8)(7)を(5)にかけてできあがり。
 
7月23日(土)の幼児食・昼寝
2005年07月24日 (日) 22:24 | 編集
2歳0ヶ月。一家で風邪にダウン。地震に違う意味で殺気立つ(私が)一日。
朝(6:50)
 ・無糖コーンフレーク+牛乳
 ・蒸し鶏入りバンサンスー(昨夜の取り分け)
 ・すいか(1/6玉の1cm幅分を半分)-てどういう単位だ

昼(12:30)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・野菜とチーズのサラダ(玉葱、トマト、ブロッコリースプラウト)
 ・豚肉の野菜あん-私の昼食(あんかけうどん)の取り分け
 ・かぼちゃのポタージュ
 ・すいか(1/6玉の1cm幅分を半分)

おやつ(15:00)
 ・芋羊羹-作って小分け冷凍しておいた分。書いてなかったけど無糖
 ・野菜&フルーツ(グリコ)(100cc)

夕(18:30)-もう作る気なし…Uと私だけの夕食。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・切り干し大根の煮物(人参、椎茸)-小分け冷凍しておいた分
 ・焼き干物(ほっけ。湯通し)
 ・白菜とわかめ、油揚げのおみそ汁-白菜芯部分残す
 ・無糖コーンフレーク(ちょっと)

昼食、夕食


昼寝:9:40~11:10(1h30min)、3:50~17:10(1h20min)-まだ調子悪いらしく、久々の2回昼寝。
散歩:なし
起床&入眠:4:50、20:30ごろ-夜は私の具合が悪く、私もそのまま寝る
-----
 Uは前日の夜中一度不快そうに大泣きして起きた。
隣の部屋から飛んでいったらもう全身すごい汗。掛け布団代わりの大きなバスタオル、大人の敷き布団がびしょびしょだ。
慌てておむつから肌着からすべて着替えさせ、掛け布団(タオル)を替え、敷き布団は仕方ないのでタオルを敷き、Uにお茶を飲ませ横にさせたらにっこり笑って「あーの、あぶーん!もったい!」(せーの、ざぶーん、もう一回!)と叫んですーっと寝た。
寝具類は、こりゃ気持ち悪かったよなあというほど濡れていた。
これ…もう一回はいやだと思うよ?

 でも風邪が治るいい前兆か。と思った通り、朝には熱も下がっていた。
ただ起きてもまだだるいらしく元気な割にはすぐころりころりと床に寝転がってしまう。

そんな私も前夜から非常に具合が悪かった。
今にももどしそう。どうせもどすなら人生を、今の判断力のまま23歳へ。というぐらいもどしそうだった。

 (*)?

 でも人生ももどらなかったし、もどさなかった。ああいいんだか悪いんだか。
朝起きたら相方にちょっとUを任せて横になって…などと思いながら寝ていたのだ。
そうして朝5時前にUに起こされてみたら、そんな時間に、相方が蒼い顔をして寝室に入ってきたのだ。
「…1時間もどしてた。ごめん俺ちょっと今日寝てる」

そうか、贅沢に23歳まで戻らなくても1時間ぐらいもどして…ってエエエエエエエエ。

 そんなわけで具合悪い私vs具合悪いUのガチンコ対決はこの日も続いた。
どうやってUの目をかいくぐって寝るか。
それだけにすべてをかけたように思えた駆け引きの一日だった。
いや、実際には駆け引きどころか一本勝負ですべて負けていて、無理やり目をぎゅっとつぶっていたら器用に人差し指と親指で上下まぶたをぐぐーっと開けられたりしてた。
器用になったな、マイ・サン…。

そうして午前の昼寝をこなし、午後もUの気分がちょっとすぐれないのに乗じてなんとか寝かしつけ、ようやく寝られるかも…と思ったら地震だ。

おまえ、揺らすなよ。

と真顔で地面に突っ込むぐらい腹が立った。地震に。フィリピン海プレートに。ユーラシアプレートに。あともう1つどこかプレートに。

 (*)北米プレート、太平洋プレートもお忘れ無く!

だって無視しようかと思ったのに起きなくちゃいけない程度まで揺らすんだもの、地震。
(元々地震の揺れ自体にはひどく鈍感なので恐いという感じはなかった)

実家が5弱だったり、義兄宅が5強だったりで各所に連絡をとるため結局起きなくてはいけなくなり…くそう、地震め。
 
2歳0ヶ月児の「トイレトレはいま」
2005年07月22日 (金) 20:39 | 編集
 と、ドキュメンタリータッチのタイトルにはしてみたがなんのことはない「まったく進展なし」。

 Uが1歳10ヶ月頃から補助便座を買って、朝・夕2回声を掛けて座らせていた。
小は2~3時間はあいているし、大も朝2回だけだからなんとかなるかなあ、うまくいけばラッキー、ぐらいのノリだ。

小はたまーに成功することがあって、褒めると本当に喜んでいた。
大はどうしても出なかったが、もともと環境が変わるとすぐ出なくなってしまう気質のようなので気長にやろうと思ってもいた。

 しかーし、2歳0ヶ月をまわったら途端にトイレを激しく拒否。
とにかく水を流すのだけは楽しいのでトイレには入りたがるのだが、補助便座に乗せようとするとてこでも動かない。
というかてこで補助便座に乗るものかどうかは知らない。
乗せられるてこがあるなら教えてほしい。
でもやっぱりてこでも動かないから乗らないのか。ああもうそんなことはいい。

 とにかく、どうもその頃からトレーニングパンツを使い始めたのが、Uの警戒心を煽ってしまったらしい。
トレパン自体は嫌がらないものの、何か非常に危機感を覚えたのだろうか、トイレ行こうか、と言った途端「ぁいれ(といれ)、バイバイ」と拒絶。抱っこしようものなら大暴れ。

 しかもトレパン作戦を始めてびっくりしたのが、大小構わず出ても平気で遊んでいることだった。
もっと気持ち悪がって「まま~」なんて切なそうに呼んでくれるかと思っていたのだが…。
満面の笑顔で「ままーーっ、ぶーぶ!ぁいぁい!(トミカのスカイライン持参)」なんて、ダダ漏れ状態のトレパンふりふり飛びついてくるのだ。

 これはいかん、と早速語りかけ作戦開始。
なんのことはない、漏れたら替えて下半身シャワーを浴びさせるわけだが、脱がせる際「うわー、漏れちゃったねこれは気持ち悪かったね、すぐ洗おうね」と言い、新しいトレパンに替えたら「新しいパンツは気持ちいいねー!」と言うだけだ。
オムツ時代もやっていたはずなのだが最近追いかけっこ&押さえつけっこ(?)状態だったためおざなりだったのかもしれない。
これがてきめんに効いた。

1週間で漏れた際「…ママ…」とまごまごし始め、2週目からは「ちっち~」と呼んでくれるように。
とにかく「ちっち」と教えてくれたら褒める。褒めまくる。
垂れ流して褒められる、これは乳幼児の特権だ!

しかしやった、とは思うがそれきり進んでいない。
トレパンを洗うのは苦ではないのだが、誘ったときになんとか補助便座に座ってもらえるようになってほしい。

そのためにUの大を流すときはUにレバーを引いてもらって楽しんでもらっているのだけれども、さてどうしたものか。
トイレにキャラクターポスターあたりを貼って気を引かないとだめかなあ。などと思う1ヶ月目の現在だ。
 
7月22日(金)の幼児食・昼寝
2005年07月22日 (金) 20:04 | 編集
2歳0ヶ月。微熱の一日。
朝(6:00)-さすがに相方起きるまで待ちきれず。
 ・無糖コーンフレーク+牛乳(フレークは量適当。牛乳は100ccほど)
 ・コロッケ-昨夜の取り分け
 ・かぼちゃの甘煮-昨夜のとりわけ

昼(11:50)
 ・野菜あんかけうどん(うどん(1/2玉)、鶏ささみ、人参、水菜、白菜、椎茸)-あんは少し残す
 ・ルビーグレープフルーツのヨーグルト和え(1/4個+50ccほど)

おやつ(15:00)
 ・野菜&フルーツ(グリコ)の寒天ゼリー(150cc)
 ・牛乳(100cc)

夕(17:50)-大人食取り分けアレンジ。(大人食はとろろ鮪丼)。食事中寝た
 ・ご飯(子供茶碗軽く一杯)-半分以上残したまま寝てしまった
 ・鮪のソテー
 ・長芋の千六本と水菜の胡麻和え-長芋、水菜は加熱
 ・春雨のバンサンスー風(春雨、コーン、パプリカ、ひじき)
 ・なめこ、豆腐、小ネギのおみそ汁

昼食、夕食


昼寝:10:40~11:40(1h)
散歩:午前中バギーに乗って1時間(数カ所で買い物)
起床&入眠:4:45、18:40
熱:朝:37.01、夕:37.07
-----
 Uは眠りが浅すぎ、勢い早朝起き。
こちらは早朝起きるのはいいのだが、なんせ元気だけはあるのでいつもより長く体力勝負なのが辛い。
Uが昼寝の間に家事などしていたのだが午後になってちょっと休憩…と横になろうとしたら(…ババくさくてごめんよ)すごい剣幕で怒られた。
他の時ならまだしも熱があって具合の悪いときなのでかわいそうになり、ずーっとガチンコ対決。

 普段は日中家にいるとき、午後2回ほど20分ずつ家事以外でリビングを外して2Fに籠もることがある。(一応気づく限りの安全確保はして、かつ声がしなくなったり泣き声がしたりママと呼ばれたり、ということがあればすぐ飛んでいく形)
いくらかわいくてもずーっと付きっきりだと気力・体力がもたないのだ。

 (*)…もしかして児童相談所に通報モノなのでしょうか。家から歩いて近いし自首したほうがいいのでしょうか?いやほんとに。

 とにかく今日はそれもできなかったので本当にぐったり………。
気力はもったけれど、体力がもたない。うーん。
一番辛かったのは病人であるU本人なのはわかっているけれど、抱っこやらおんぶやらで遊んでいるうち、夕方にはもう泣きたくなってきた。
シッターさーんうちにきてー。

 (*)あれ?気力ももってない?

 そうして、日中頭の中で他の人に子守を任せるシミュレーション。あてどもなくシミュレーション。
子守を任せるなら断然シッターさんにお願いしたい。
私にしろ相方にしろ、私たちの親にはちょっとというかかなり勘弁願いたい。
なぜって双方ともアレルギーについて考慮してくれないから。
説明すると「まー、ともぞう(さん)て神経質」という顔をされ、されるだけではなく言われてしまう。
うちの親は「あー、はいはいはい。まあ好きにやんなさい。」と言うし、相方の親には「あのねえ、アレルギーなんて、神経質にやってるからなるものなの。私が若い頃はカップ麺食べさせたものよ」と諭される。
親世代は、なぜか「神経質な若造が見ていないうちにやってしまえ!」と思うらしい。
双方とも、私がいない隙をついて、Uに勝手に食べ物をあげていた。
そうして双方ともなぜか口裏を合わせたように「…だってー泣くんだもん。それに果物だしちょっとだからアレルギー関係ないでしょ?」
と言ったのだった。
あまりにショックだったのでまたアレルギーとは…とかなり熱弁をふるったが結局「はいはいはいはい、もうしないしない」と言われて終わった…再犯のにおい!

 ああ、やっぱりだめだだめだ、契約書通りのことをしっかりやって、ビジネスライクに話が進められるシッターさんがいい。そうだ、そうしよう。
と心の底から決めたところでどうなるでもなく、結局一人もくもくとレゴやらトミカやらコロコロあいうえおプラスやらでUと格闘を続けるのだった。

しかし寝かしつけた顔を見てあまりのかわいさにまた猛省中。
 
7月21日(木)の幼児食・昼寝
2005年07月22日 (金) 12:34 | 編集
2歳0ヶ月。嘔吐-ぐずぐず-元気いっぱい発熱の一日。
朝(7:20)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・豆腐の野菜あんかけ(キャベツ、人参、ネギ)-野菜あん全然食べない
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)

昼(12:40)
 ・おにぎり(子供茶碗一杯分、しらす+黒ごま+青海苔)
 ・切り干し大根のカレー風味(人参、ピーマン、レーズン)-カレーの王子様(顆粒少量)で味付け
 ・ブロッコリーとツナ、卵のサラダ(全卵(1/8個分)は卵焼き。マヨネーズ微量)
 ・無糖コーンフレーク少量-足りなかったようだったので追加
 ・プラム(1個)

おやつ(15:00)
 ・芋羊羹
 ・野菜&フルーツ(グリコ)(100cc)

夕(18:55)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・コロッケ(牛挽肉)
 ・キャベツとパプリカの千切り
 ・大根とわかめ、豆腐のおみそ汁
 ・かぼちゃの甘煮

昼食、夕食


昼寝:11:35~12:35(1h)
散歩:なし
起床&入眠:6:10、20:30ごろ-寝かしつけ中寝てしまった…(こればっかり)
-----
 以下シモ話ありなのでそちら系が苦手な人は飲食前後24時間は読んじゃダメのココロ。

 Uはこの日、夜半から高熱を出した。
 朝から予兆はあった。起きてからやたらと「あっぼー(遊ぼう)あっぼー」と構ってモード。
朝食はあんかけをまったく食べず、ぴしゃぴしゃと手のひらで叩いて遊ぶ。
くそーう「三度の飯より飯が好き」な三度の飯スパイラルのUにもとうとう2歳児の遊び食べが出たか?と思ったほどだ。
 しかし9時頃「ちっち」と宣戦布告したUを追いかけ(ちっち(=大)が出たと申請するのはいいがなぜか毎回逃げまわって死守)やっとトレパンを替え、「ちょっとお洗濯モノ干してくるから待っててね」と言いつつUをリビングに残して2Fへ行ったところ5分も経たないうちに下から「ちっちー」の再宣戦布告。
ん??最近大は朝2回(起きてすぐ、食後しばらく)、小は3時間はあいてるんだけどなあ。
とにかく「ちっち」ひとつで呼ばれたからにゃそれが私のご主人様よ~(*)、と1Fのリビングに行ってみた。

 (*)若い方はすんなり読み飛ばす箇所です。

Uが吐いていた。
少量だけど(10ccほど)、タイルカーペットをはがして遊んでいるうちに出てしまったらしい。
そのめくったカーペットが、吐瀉物の上に戻らないように一所懸命手で押さえながら「ちっちー、ちっちー」と泣きそうになっている。
「ちっちとは違うし、こんなの拭けばいいだけだから泣かないでいいよ」
と拭いていて…おかしい。朝ほとんど食べてない。プラスグズグズ、嘔吐…あーこりゃ風邪ひいたね。
おでこに触っても特に熱くはない。だけど様子見で散歩はなし。

 もし午後具合よさそうならバギーに乗せて散歩でもするかな、と思い昼食を早めに用意していたら、できたよーと振り向いたときにはUがリビングの床に突っ伏して寝ていた。3分ほど前まで起きていたのに。
一人で横になって寝るなんて余程具合が悪いのだ。

 夜お風呂にははいったけれど(*)さっさと切り上げ、食事をして就寝。

 (*)熱もないし、かかってる病院が「熱があっても入浴して問題なし」という方針のところです。

 熱が出なくてよかったな、と思っていたのだったが、23時「ママー」と寝室から呼ばれ飛んでいくと、すごい高熱。
はからなかったけれど38度はあったはず。
寝苦しいと見えて呼吸も浅く、30分以上起きたまま横たわっていた。
夜間も2,3回がばっと起きて「パパ、ねんねー」「パパ、ちょーっとねんねー」としばらく叫んだり。

 (*)いやいやキミがねんねしてください。体中が熱々ですよ。

 ただ日中はぐずりつつも元気で、歌いながら踊ったり走り回ったりしていた。
新しいところでは「ゴーゴーゴーゴー」と走り、「スチョッ」と言って止まるという歌い遊び。
なんだろう?としばらく見ていて、やがて子供向け英語番組(*)の中の歌と気づいて

 (*)いつか世界征服をする男を育てるための帝王学基礎…というより夕食の支度中漫然と見せていたもの。

「Go, go, go, go! Stop!」と歌ってみたら大笑いしながら「スチョッ」と止まっていた。
 
7月20日(水)の幼児食・昼寝
2005年07月20日 (水) 13:31 | 編集
2歳0ヶ月。
朝(7:20)-身支度に時間かけすぎて時間がおしてしまい、淡色野菜諦め。
 ・ミルク食パンのチーズトースト(8枚切り1枚分、スライスチーズ1枚)
 ・トマト(M1/4個)
 ・ボイル人参-全然食べない
 ・アボカド
 ・プラム(1個)

昼(12:30)-食事中寝てしまった
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・豆腐団子の野菜あんかけ(豆腐、すりごま、しらす、キャベツ、人参、椎茸)
 -両方とも1/3ずつ残したまま熟睡

おやつ(15:00)
 ・牛乳羹、りんごすりおろし入り(100cc分)
 ・野菜生活100(緑)(100cc)

夕(18:40)-大人食取り分け
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・チキンチーズカツのグリル焼き、フライトマトソース和え
 ・大根、ブロッコリースプラウト、ツナのサラダ(マヨネーズ微量)
 ・あさりのおみそ汁(3粒)-みじん切りの2粒は食べ、大切り1粒は「ぁい(貝)、ばいばい」
 ・プラム(1個)

失敗昼食、夕食


昼寝:12:40~14:10(1h30min)
散歩:午前中2時間
起床&入眠:6:20、20:25
-----
 昼食の豆腐団子は幼児食本に載っていたレシピのアレンジ。(本当はしらすではなく鶏挽肉を使う)
煮る前にレンジで単体加熱して固めなければいけなかったのに忘れてそのまま投入、4つ作ったうちの2つが煮溶けてスープのとろみ度を上げただけだった。

 今日発見したことをいくつか。わが家の謎が2つ解けた。
1)朝、Uが寝ている相方に、勝手に「ぇじょー(どうぞ)」と大声で呼びかけて食事が出来たことを知らせてしまう謎。
 →相方は、在宅時食事の支度中など、待っている間は階上にいることが多い。
 だから階下にいる私は食事ができたとき、お風呂が沸いたとき「どうぞー」と階上に向かって声をかける。
 最近はUに「ご飯できたからパパ呼んでもらえる?」とか「お風呂湧いたんだけどパパ呼んでもらえる?」とお願いして呼んでもらっていた。
 (「ぱぱ、ぇじょー!」「ぱぱ、おーーー!おーー!(お風呂の"呂")」

 しかし朝食に限ってはなぜかいつも勝手に階上に向かって叫び、相方を起こしてしまうのだ。
 ここ数日もしや、と思って観察して今日ようやくわかった。

 なんと私が相方のコーンフレークを皿にあけた音を聞き分けていたのだった。
 わが家は相方がコーンフレーク、Uがパン、野菜、タンパク質、私がパン、3人揃ってフルーツという朝食だ。
 つまりUにしてみればコーンフレーク=相方食だったのだ。
 今日もUが部屋の隅でやいやい独り言を言いながら遊んでいるのを横目に、Uから見えないよう隠れて静かにサラサラ…とコーンフレークをあけた。
 瞬間、弾かれたようにUが立ち上がり階上に向かって叫んだのだった。
 「ぇじょーー!!ぇじょーーーーー!」
 にゅ、ニュータイプ?

2)「あーの、びゃー、もったい!」の謎
 →ここ数日間流行っているらしいUのかけ声。
 まったく意味不明ながら毎回同じ発音なのできっと何かをまねているのだろう、と思っていたら今日の入浴時判明。
 「じゃあ頭ざぶーんするからね、いくよー。せーの、ジャーッ(お湯浴びせる)!はい、もう一回!」
 頭部にお湯を掛ける際の私の声がけのマネだった。

3)「ぁーぶ(大丈夫)」がかなり大丈夫らしい
 →最近、穿いたパンツ類のお腹周りが苦しいと「あぁーしい(苦しい)」と訴えることができるようになったU。
 昨日も書いたようにUの単語の覚え方は語尾派なので覚えづらい語頭は適当な「あ」で埋めてしまうようだ。
 今日も外出のため穿かせたパンツが苦しいらしい。
 「あぁーしい、あぁーしい」ともぞもぞしている。
 私が「あれれ、苦しかった?こうしたらどう?」と言いながらゴムを直してみたらUが「ぁーぶ」。
 それだけならいつも通りだが、今日はさらに自分でお腹周りを触って、体を少し捻って様子を見てからもう一回「ぁーぶ」。
 おお、そうだよね。その時大丈夫でも体を動かしたらやっぱり苦しい事ってあるもんね。
 …あるもんね、ってなんでそんなこと知ってるんだ私。

 さらに寝る間際、「U、おしっこ出てる?出てたらおむつ替えるよ」と声を掛けたら「ぁーぶ」。
 これには驚いた。見たら本当に出ていなかった。
 「本当に出てない!」
 思わず言ったらちょっと得意気に「ぁ・あ・ぶ」。
 おおーーー。本当にぁーぶだね。

…次々に解明するUの謎、なのにいまだに「ビービーバの謎」は解けていない。
 
7月19日(火)の幼児食・昼寝
2005年07月19日 (火) 13:57 | 編集
2歳0ヶ月。しゃいしゃい、いって!な一日。
朝(7:20)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)のチーズトースト
 ・キャベツ、人参、アスパラガスの千切りサラダ-少し残す
 ・プラム(1個)

昼(12:30)-食事中に昼寝
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・納豆(1/4パック)
 ・大根餅(しらす)
 ・アボカド
 ・ブロッコリーのコンソメスープ煮-全然食べずに寝てしまった

おやつ(14:20)-ちょっと早め
 ・「りんごうらごし(キユーピー)」入りカップ蒸しケーキ(小麦粉大3)
 ・野菜生活100(緑)(100cc)

夕(18:30)-大人食はステーキだったのでUの分は別途作る。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・ミートローフ(ピーマン、人参、パプリカ)-半分ぐらい野菜
 ・茹でブロッコリー、人参
 ・コーンポタージュ(玉葱)-ベーコンのストック切らしててベーコンなし。
 ・りんごうらごし(キユーピー)(20gぐらい?)

視覚の暴力的昼食、夕食


昼寝:12:50~14:10(1h20min)
散歩:午前中1時間半
起床&入眠:6:30、20:30前後?-寝かしつけ中一緒に寝てしまった。
-----
 最近の昼寝は夜の睡眠が足りないとき(明け方泣いてしまったとか)は1時間半ほどで丁度いいようだ。

 以前も書いたが本当に睡眠て大事だ。
ここ数ヶ月、夜1時から5時ぐらいまではほとんど泣かない。
うまくすると20時に寝かしつけてから1回ぐらいしか泣かない。
そうでないときは相変わらず20分おきに泣いたりするけれど、眠ってくれれば私もその間はぐっすり。それだけで日中本当にUに優しくなれる。
1歳半まで続いたあの辛い1時間おき夜泣きの日々、私はきっとUにとって鬼のような母だったのかも…。思い返すと自己嫌悪だ。
-----
 今日のUは同じ棟に住む奥さんに「ぁわー(こんにちは)」と挨拶したあと、自転車に乗ったのを見て
「しゃいしゃーーーーーい!いって!(いってらっしゃい)」
と叫んでいた。
朝方相方を見送るときは「しゃいしゃい」だけなのだが、なんだろう、「しゃいしゃいいって」?倒置法か?!

 (*)違います

 昼は納豆大好きなUのために出してみたらてんこ盛り状態になってしまった。というより盛り付け方を少しは考えろ!>私
Uは納豆を見ると、必ず手掴みしてぐーっと引き延ばし、粘り引く糸を見て
「おおおおおーーーーっ!」
と感嘆の声をあげる。半ば儀式化しており、本人大まじめなのであまり大笑いするわけにもいかず苦しい私である。

 りんごうらごしは、先日久しぶりに買ってみたもの。
おやつに使えるかな、と思って買ったのだがやっぱり使い切れなくて夕食のデザートに単体で(…)出し、さらに残ったので冷凍。
Uは久々に食べたBFデザートが相当おいしかったらしく、ものすごい勢いで食べ、何度も「おいし…おいしい…おいしい…」と呟いていた。
 
7月18日(月)の幼児食・昼寝
2005年07月18日 (月) 22:58 | 編集
2歳0ヶ月。小麦粉攻め続く。
朝(7:50)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・鮭のチャンチャン焼き風(鮭、玉葱、ピーマン、パプリカ)
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)
 ・ミルク食パン(2口追加)

昼(12:40)
 ・キノコと野菜のクリームスパゲティ(玉葱、人参、蕪の葉、ブロッコリースプラウト、パプリカ)
 ・ヨーグルト、実家製ジャム少量
 ・芋羊羹2口分ほど追加

おやつ(15:40)
 ・白玉団子、黄粉和え(白玉粉大2.5)
 ・野菜ジュースオレ(野菜生活100(緑)+牛乳(あわせ120ccほど))

夕(18:40)-大人食取り分けアレンジ
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・豚肉の生姜焼き風
 ・キャベツとレーズンのサラダ(人参、アスパラガス入り)
 ・じゃがいもとわかめ、油揚げのおみそ汁
 ・スイカ(1/8玉を1cm分)

昼食、一日半ぶりだよ白飯~な夕食


昼寝:14:30~15:40(1h10min)
散歩:午前中1時間半
起床&入眠:7:10、20:50
-----
 お昼にはご飯モノにするはずが、散歩行く前に炊飯しておくの忘れてた…。結局お昼まで小麦粉モノ。

 それにしても朝食べた鮭がいつまでも生臭く臭う。
歯も磨いているし手も顔も首周りも拭いているどころかシャワーなんか2回浴びたのに。
土日のUの入浴当番は相方なのだが、その相方が夕方お風呂からあがるなり「Uがまだ臭う。まだ魚くさい…」とつぶやいている。
嗅ぐと、確かに生臭い。
でもこの生臭さはいつもだよ。鮭臭さはさすがに取れたよ。
なんだろうね、食べたもの成分が分泌されて出てくるんだろうか。
出てきそうだね、小さい子だと。
などと話す。
実際のところは汚れた手で頭を触ったりしているから(日中のシャワーでは頭は流さなかった)頭が臭ってるだけなんだけどね。
なんとなく活発に動き回ってぐっしょり汗をかいているUを見ると直前に食べたもの分泌説がすごく有力に思えてきてしまう。

 そんなわけで夜はスイカ臭いUを寝かしつけた。
昼寝が短めの割には寝入るまでちょっと時間がかかり、40分ほど。
その間大人布団を縦横無尽にコロコロ転げ回り、お茶を要求し、スイカ臭を振りまくのだった。
 
7月17日(日)の幼児食・昼寝
2005年07月18日 (月) 00:11 | 編集
2歳0ヶ月。小麦粉ばかりの一日。
朝(7:50)
 ・ピザトースト(ミルク食パン8枚切り1枚分、玉葱、トマト、スライスチーズ、パプリカ、ピーマン)
 ・ルビーグレープフルーツ
 ・ミルク食パン2口追加

昼(11:10)-外出するので早めに
 ・ナポリタン風(スパゲティ(茹で上がり120g)、ツナ、玉葱、人参、パプリカ、ピーマン、コーン)
 ・巨峰(2粒)

おやつ(16:00ごろ)-水族館付属のレストランで
 ・フレンチフライ-塩抜きのものを数本
 ・牛乳(150ccほど?)

夕(19:50)
 ・人参入りカップ蒸しケーキ(人参2cm分、小麦粉大3.5)
 ・牛肉と白菜の重ね蒸し
 ・トマト
 ・バナナ(1/3本)

昼食、栄養あればいいんでしょ!的夕食


昼寝:13:00ごろから1h30minほど(行きの車内で)
散歩:午後5時間外出
起床&入眠:7:00、21:05-時刻は遅いけれど、夜は寝かしつけて20分ほどで熟睡
-----
 昨日も炊飯せず、今日も炊飯予約をしなかったので(早めに帰るだろうから炊けばいいと思ってた)夜帰ってきてからご飯がなくて大わらわ。
冷凍しておいた分も昨夜使ってしまったし、というわけで仕方なく全食小麦粉モノになってしまった。

 昨日実家帰りに行くはずだった水族館に、結局行けなかったので今日改めて行ってみた。
大好きなクマノミのいる水槽前では、他の大きな魚に気を取られて最後まで気がつかず終い。残念。
「ぁたなー(さかなー)」と大興奮だったが、さすがに鮪の大迫力回遊にはアワアワしながら後ずさりしていた。

 お茶でもしようと水族館併設のレストランに行ったのだが、Uが食べられそうなものがない。(全卵がOKならプリンがあったのだけれど)
今日は暑くなるからなにも持参しなかったのだが、帰りも遅くなりそうで飲み物だけだとちょっと辛そう。
というわけで、揚げ物ということには目をつむりフレンチフライを塩抜きでオーダーした。
Uの隙を突いて相方と二人で2/3ほど食べた。
牛乳も300ccほど入っていたのでこれまたいかんと私のアイスコーヒーに1/2ほど投入。
Uはなにやら騙されたような顔をしながら食べていた。

 それにしても大人しく座って食べてくれるものだなあ。感心、感心。
2歳児になると随分違うのだわ…と思っていたら、食後、テラスで追いかけていた鳩を他の同年齢ぐらいの子が一緒に追いかけ始めた途端、悲嘆に暮れて泣きはじめた。「ぽっぽー!ママー、ぽっぽー!」。それはジェラシー。鳩でジェラシー。

やっぱり2歳児。
 
7月16日(土)の幼児食・昼寝
2005年07月17日 (日) 08:50 | 編集
2歳0ヶ月。1日写真なし。
朝(7:30)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・トマトと玉葱のマリネ
 ・キウイ入りヨーグルト

昼(12:15ごろ)-私の実家で
 ・まーぼー丼(キッズキユーピー「まあぼ丼の素」使用)
 ・高野豆腐
 ・トマト
 ・メロン

おやつ(14:40)-実家で
 ・かぼちゃちっぷ(キユーピーよいこになあれおやつ)(1/2袋)←商品的にはこちら

夕(19:30)-大人は出来合の餃子。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・青梗菜の炒め煮-残す
 ・冷や奴(すりゴマ、つぶし枝豆)
 ・キャベツ、ブロッコリーのサラダ-多すぎた。少し残す。
 ・しめじとネギ、豆腐のおみそ汁

昼寝:午前中、行きの車内で1h、帰りの車内で17:00ごろから30min
散歩:朝から外出8時間
起床&入眠:6:50、21:30ごろ
-----
 朝から隣県にある私の実家へ行った。
2ヶ月ぶりなのに、ちゃんと同じような並びの家から実家を選んで入っていくUに感心する。というより、きっと自分が2歳児の時のことを覚えていないだけで、そのぐらいの記憶力は持ち合わせていたのだろうなあ。

 昼食は、予めご飯だけあることを確認しておいてあとは持参した。
高野豆腐は乾物状態のまま、昆布4cmほども一緒に。
ポットのお湯で高野豆腐を戻し、昆布で出汁を取る。醤油を微量たらしてできあがり…煮込んだときほど味はしみてないし、醤油だけだから風味は劣るとは思うが元々好きな食材ということもあり「とふー!おいしいおいしい」と食べてくれた。
夏場の外出は無理せずBFだ。
1回濃い味になるのを躊躇して食中毒になるより絶対いい。
…でも大量に食べるUにはちょっと少なすぎるんだ、BF。
だから乾物を追加。ビバ乾物。先人の知恵に感謝!

 ところで、昨日も書いたとおり単語の覚え方が語尾派であるUは、以前はじいちゃ、ばちゃ…ぐらいは言えていたのに最近のちゃん&しゃんしゃんブームのせいで私の両親(Uからしたら祖父母)を「ちゃん」「ちゃん」と呼ぶ。
ううーん。相方の父母は「じいじ」「ばあば」と言えるんだけどな。
私の父母はじいじ、ばあばという呼ばれ方は厭だというし、Uも「じいじとばあば以外にじいじ&ばあばが居る?!」という超常現象についてどうにも納得ができないらしい。
というわけでしばらく「ちゃん」で我慢してね、ちゃん&ちゃん。
 
7月15日(金)の幼児食・昼寝
2005年07月16日 (土) 01:21 | 編集
2歳0ヶ月。炎天下歩きまくりの2時間、な1日。
朝(7:15)
 ・ミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・トマトスープ(玉葱、人参、ブロッコリー)
 ・ミニ卵焼き-卵1/2個分で作って冷凍しておいたものからさらに一部分割使用
 ・ヨーグルト
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)

昼(12:30)
 ・三食丼(鶏そぼろ、ほうれん草、コーン+玉葱)
 ・キウイ

おやつ(16:10)
 ・野菜ジュースオレの寒天ゼリー(150cc分)

夕(18:20)-大人食取り分け
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・鶏肉団子と白菜の煮物
 ・青梗菜と春雨、コーンの中華スープ
 ・枝豆-全然食べない
 ・巨峰(2粒)

黄色がコーンだよの昼食、夕食


昼寝:14:30~16:00(1h30min)
散歩:午前中2時間強
起床&入眠:6:35、20:25
-----
 都内は本日快晴。この日差しの下、2時間延々と歩き続けるUである。
抱っこする?と聞いても頑ななまでのノーコメント。最後には明らかに疲労しているのに家まで歩く。とにかく歩くのが楽しいらしい。
涼しい児童館に行ってもすぐ外に出たがるし、こんな時間に日々昼寝しているから夕方の散歩は難しい。さてこれからの季節どう過ごそう…。

 そんなルートU巡回中、ベビーカーの親子に会った。
ベビーカーの親子といっても大きなベビーカーに抱っこされた小さいベビーカーというわけでは---あーとにかくそのベビーカーに向かってUが叫んだ。

「ちゃーーん!」

…てイクラちゃんかよ!と思いつつ、なんのことやらわからない。
しばらく考えて、はたと気づいた。
「あー!赤ちゃん!」
するとUが至極嬉しそうに
「ちゃーーーーん!」

Uの単語の覚え方は基本的に語尾型である。だから同音異義語が多すぎる。
コミンゴちゃんも、はなちゃんも、赤ちゃんも皆「ちゃん」。
ちなみにカミ子さん、こびとさん、ことりさんは皆「しゃんしゃん」。
海苔は「い」だしブロッコリーは「いー」だ。難しいぞ。

とにかく、いくら私がU専属の同時通訳であり、U語検定準1級およびU-OEICスコア900保持を自負する者とはいえ瞬時に判断つきかねる事が多いのだ。
Uが人間語をマスターするのが先か、私がU語をマスターするのが先か。
緊迫の駆け引きは続く。

 (*)…というかUは早く「さん」と「ちゃん」は敬称だから覚えなくていいことに気付いてください。おねがいします。
 
7月14日(木)の幼児食・昼寝
2005年07月14日 (木) 21:09 | 編集
2歳0ヶ月。眠れなくて1時間泣き続けの一日。
朝(7:15)
 ・梅食パン(8枚切り1枚分)+一口のチーズトースト
 ・キャベツの巣籠もり卵(卵黄のみ1個分)
 ・トマト
 ・さくらんぼ(3粒)

昼(12:30)
 ・鮭とほうれん草のクリームスパゲティ(玉葱)
 ・キウイ、巨峰のヨーグルト和え

おやつ(16:15)
 ・かぼちゃちっぷ(キユーピーよいこになあれおやつ)(1/2袋)←商品的にはこちら
 ・野菜ジュースオレ(野菜生活100(緑)+牛乳)(あわせ100ccほど)

夕(18:50)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・ロールキャベツ(キャベツ、牛挽肉、玉葱、人参、コーン、ブロッコリー)
 ・巨峰(2粒)

昼食、本体隠遁生活入りの夕食


昼寝:15:30~16:00(30min)
散歩:午前1時間(バギーに乗って買い物。ほとんど外気浴…)
起床&入眠:6:15、20:55
-----
 14時半ごろから眠そうにしていたのだが眠りたくないのか、気持ちが悪いのかずっとぐずぐず泣き続ける。
1時間後、ようやく寝たが、その時間だとさすがに長く寝るわけにもいかないので16時すぎに起こした。

「じゃあU、おやつにしようか」

これは効く。効き過ぎ。
「そろそろ起きようか」なんて言っても到底起きないUが、この一言でジャキーンと目を覚まし床の定位置にちょこりと座って待つのだから。

 それにしてもUにひとつ謝らねばならないことがある。
最近、おやつの時間に「ママゃちゅー」(ママのおやつ)と不思議そうに指さされる度に「うん、一緒だよね、一緒のおやつなのねえ」と言っているアレ、実は一緒じゃないんだ。
ロールケーキなんだ。味どころか成分すらちっとも被らないんだ。
ごめんね、でも一緒じゃなかったら絶対奪取されるからね。

 蒸しケーキのように、なんとなく似ていなくもないおやつの日ならともかく今日のように明らかに形の違う日は毎回「???」な顔で見つめているUなのだった。
 
7月13日(水)の幼児食・昼寝
2005年07月13日 (水) 21:19 | 編集
2歳0ヶ月。たっぷり昼寝、たっぷり昼食の一日
朝(7:15)
 ・レーズン入りミルク食パンのチーズトースト(8枚切り1枚分)
 ・大根と人参のなます風サラダ
 ・ミニ卵焼き
 ・さくらんぼ(3粒)

昼(12:30)
 ・おにぎり(焼き海苔、黒ごま)
 ・高野豆腐の共煮(白菜、えのきだけ、かぼちゃ)
 ・巨峰(1粒)

夕(18:40)
 ・ご飯(子供茶碗大盛り一杯)
 ・鶏肉とトマトの炒め物
 ・ほうれん草の胡麻和え
 ・もやしとネギ、豆腐のおみそ汁
 ・キウイ(1/4個)

大量昼食、夕食


昼寝:13:40~16:00(2h20min)
散歩:午前中2時間(遠回りして公園)
起床&入眠:6:45、20:30
-----
 ここ数日寒暖の差が激しく体がしゃっきりしない。
Uもそうなのか、昼食中からぐずぐずし始め、いつもより早めに昼寝してしまった。
その間に家事を…という夢を見ながら今日も一緒に寝てしまった。う。

 散歩中のUは、よそのお宅や店などを指して「ぅちー!あーない!」(よそのうちには入らない)、「せー!あーない!」(お店には入らない)と自ら申告、随分聞き分けがいいのである。
入りたくなった家にも店にも指を指しながら「ぅちー!」「せー!」「あーない!」と確認している。おおこれはいい調子!なのだ。
最初のうちは。

 途中からはもうだめだ。誘惑の方が強くなり、ダークサイドに堕ちたUは全力で駆け入るのだ。店に、家に、階段に。
すごい勢いで暴れるのでたとえば階段の途中で捕まえると危なかったりする。
とりあえず「あーそうか、残念だなあ。ママはちょっと急ぎだから先に行ってるね。」とさも残念そうに言い数歩下がって物陰に隠れるのだ。
これは結構効く。向こうも、私が待っているのは知っているのでニヤニヤしながらも出てくる。
そんな様子がかわいいのでついこちらもニヤニヤしながら見守ってしまうのである。

…が、ある日ビルの入り口で同じように物陰に隠れ、Uが出てくるのをニヤニヤ見守っていたらビルの住人であるおばさまに見咎められてしまった。
「ちょっとあなた、どうなさ…ああ、お子さんね。ああびっくりしたわあ」

すみませんすみません。
 
ゴーゴー!キュッキュさん
2005年07月12日 (火) 23:27 | 編集
 わが家の近隣に、キュッキュさんが住んでいる。
キュッキュさんは私が長らく心の中でそう呼び続けていた人物で、いまだに性別すら知らない。
朝に夕に、彼(としておく)が家の前を通ると「…キュ、キュ、キュ、キュ、キュ、キユ、キュ、キュ、キュ…」と楽しげな音がするのである。
どうやらスピードからして自転車に乗っているようだ。

 キュッキュさんは朝7時ごろ出かけ、夜は22時頃帰るのだ。
たまに夜19時頃キュッキュさん音がすると「今日は早いな」となんとなく思う。
観察しているわけではないのだが、とてもこのキュッキュ音が響くのである。
ある日「あれ?そういえばこのキュッキュ音…」と気づいてからキュッキュさんへの、かなり一方的で断片的(音がしたときだけわくわくするのだ)な好奇心は続く。

 何がキュッキュ言っているのだろう。
相方なら何か知っているかもしれない。
それまで一人キュッキュさんを気に懸けていた私だったがとうとう堪えきれずに相方に聞いてみることにした。

 ある朝またキュッキュさんが遠くからキュッキュとやってくる音を聞きつけた私は、寝ぼけ眼の相方に言った。
「ねえねえ、この音聞いて!(…キュ、キュ、キュ…)ね?キュッキュって鳴ってるじゃない?いつもこの人が通るとこの音がするの。
これってなんの音が鳴ってるの?どういう装置が付いてるのかな?」
朝あまりくだらないことを言っているとおざなりな答えがくることが多々あり、今日は無理かなあと思ったその時、それまで至極眠そうだった相方が急にニヤリ、として

靴の音

…てそっちかよ!
そうしていまだにキュッキュさんの姿を目にすることはない。
 
7月12日(火)の幼児食・昼寝
2005年07月12日 (火) 19:34 | 編集
2歳0ヶ月。今日も昼寝らしい昼寝は、なしの一日。
朝(7:15)
 ・レーズン入りミルク食パン(8枚切り1.3枚分)
 ・玉葱のソテーカレー風味
 ・ブロッコリーのコンソメ煮、チーズ和え
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)

昼(12:30)
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・豆腐の白玉-白玉で何かしようと思ったが気力果て、白玉のまま。
 ・もやしのナムル風(胡麻、焼き海苔)
 ・空豆のポタージュ(人参)
 ・バナナ(1/3本)

おやつ(15:20)
 ・芋羊羹
 ・野菜ジュースオレ(野菜生活100(緑)+牛乳)

夕(18:10)-大人と同じメニューだけれど、作り置きできないので別途作る。食事中に寝てしまった。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・鮭のちゃんちゃん焼き(鮭、玉葱、もやし、パプリカ、ピーマン、人参)-1/3残す
 ・なめこと豆腐、小ネギのおみそ汁

道半ば?に力尽きた昼食、夕食


昼寝:11:30ごろから15minほどうとうと(買い物中のカートで)
散歩:午前中1時間半(遠回りして買い物へ)
起床&入眠:6:00、19:05-夕食中寝たので寝かしつけたら少し目を覚ましてしまい、改めて寝かしつけた。
-----
 寒暖の差が激しく、ここへきて日曜の疲れがどどっと出る。
午後、どうしても立っていられず30分横になった。当然その間Uは怒って「てってー!」(立って!)と髪や手を引っ張り続けていたが…ごめんよう。30分後に持ち直し、思い切りUと遊ぶ。

 午前中は、雨も降りそうだし、といって大雨でもなさそうなので雨具を持っていくと嵩張りそうだし…というような空の具合だったのでとにかく買い物だけしたかった。Uに歩いてもらうとしても行き帰りも含め、40分ぐらいでさっさと済まそう。
なのにやっぱりU、自分の好きな道しか歩かない。
イライラ…いや、いかんいかん。別に今雨が降ったって死ぬわけじゃない。
次の角を曲がって、○通りを突っ切ってスーパーに行けばいいさ。
しかし次の角曲がれず、イライラ…いやいやいかんいかん、別にこの道を曲がれなかったからって死ぬ訳じゃない。
次の通りを右に入って…しかしやはり右に入れずイライラ…、と延々と。
なんというかUに対してというより状況に適応できない自分に激しくイライラする。

 朝から体調悪く、嫌がって暴れるUを抱っこする気力・体力もなかったからそういうことになったのだが、段々イライラと考えているうちに「待てよ?なんで死ぬ訳でなし、とまで思い詰めてるんだ?」と可笑しくなり、一気にどうでもよくなった。
まあ歩くだけ歩くさ。死ぬわけでなし(←?)。

 どうも「○時までに」とか「○分内に」と時間を区切る癖があり、それはいいのだが無意識のうちにそれをとにかく守ろうとして、守れないとイライラしてしまうようだ。
 最近、保健士さんにも指摘されたのだが私には「~でなければならない」という自分の中の成約が多すぎるらしい。それは自分が苦しくなるだけだ、と(*)。几帳面でもないのに(これは相方が請け合うだろう)不思議な傾向。

 (*)補記:これは私の生来の性格という意味ではなく「第一子のお母さんが陥りやすい状態」であるという意味。
 その状況に陥っていると指摘を受けたというわけ。


 食事を終えたらすぐお皿を洗わなければならない、朝は10時までに散歩に行かねばならない、それまでに掃除、洗濯を終わらせ、掃除は掃除機・ぞうきんかけまでやらねばならない…ほんと、考え出すと相当鬱陶しい。
適当に力抜かないと、Uのため、が「Uのためにやってるのにどうして!」とキリキリしてUに心の安息がこないような本末転倒の生活になりそう。

力抜こう。抜いても死ぬわけでなし(←?)。
とりあえず都合のいいことは吸収の早い私である。
 
ディスカバリー
2005年07月12日 (火) 13:41 | 編集
野口飛行士がディスカバリーに乗って宇宙へ。
無事の帰還を祈りたい。
そんな中、新聞の見出しや野口氏の出身地でおこなわれた七夕の短冊にこんな一文が。

野口さん打ち上げ、史上初街頭生中継」(日刊スポーツ)
「がんばれ!野口さん!!」
頑張って飛んでください

…に、人間大砲
 
7月11日(月)の幼児食・昼寝
2005年07月11日 (月) 23:34 | 編集
2歳0ヶ月。相方休養日でリフレッシュ?!の一日。
朝(7:00)
 ・梅ジャム入りミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・しらす入り大根餅
 ・トマト
 ・ルビーグレープフルーツ

昼(12:10)-大人食は冷やし中華。
 ・そうめん、冷やし中華風(しらす、ネギ、キュウリ、トマト、ハム(少量)、胡麻、わかめ、錦糸卵(少量))-マンネリ気味だがおいしいおいしいとすする。
 ・プラム(1個)

おやつ(15:10)
 ・かぼちゃちっぷ(キユーピーよいこになあれおやつ)(1/2袋)←商品的にはこちら
 ・野菜生活100(緑)(100ccほど)

夕(18:30)-大人食メインは鯖味噌。Uには食べさせられないので別途作る。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・隠元の肉巻き焼き
 ・トマト
 ・ポテトサラダ(人参、コーン、きゅうり)
 ・玉葱、わかめ、豆腐のおみそ汁

使い回し写真のような昼食、夕食


昼寝:15:10~16:00(50min)-寝なくていいやと思った途端寝てしまった。遅すぎるので16時に起こした。
散歩:午前中2時間半ほど(リトミック~買い物~遠回りして帰宅)
起床&入眠:5:40、20:30
-----
 もともと本日計画休だった相方は朝9:30前までゆっくり寝た。
私とUがでかけた午前中は一人で留守番。
午後も二階で自分の趣味に興じて過ごし、ほぼ一日Uと離れてリラックス。
ゆっくり休めた~とは相方の弁。
よかったと安堵半分、いいなあと羨望半分。

 青魚は鯵以外はまだあげていない。
実際には一度鰯を少量(小さじ1杯以下)出したら顔中に発疹が出たので恐くて出していないのだ。
というわけで鯖など出せるわけもなく、冷凍しておいた肉で適当に炒め物を作る。

 昼食のそうめんに少量のハム(一般的なスーパーに置いてある、非オーガニック系のもの)を入れたら、食事中から頬に発疹がでてカイカイ状態になってしまった。
これもしばらくやめよう。
先日、実家から送られきた無添加ハムの時は同量程度が大丈夫だったのでハム全般いけるかなと思ったのだけれど、だめか。

 トマトは隣の家の方からおすそわけで割と多めにいただいた。
買い置きのトマトもあり、また明日あたり相方の実家からも大量のトマトが送られてくる予定で、しばらくトマトフェスティバル&カーニバルが開かれる予定。
いわゆるトマト祭り。投げないけど。

 トマトソースにすればいいのだろうけれど、それは最後の手段の予定だ。
トマト好き相方にしばらくがんばってもらおう。Uにも連日あげているけれど、ちょっと控えた方がいいかな。
 
7月10日(日)の幼児食・昼寝
2005年07月11日 (月) 22:52 | 編集
2歳0ヶ月。久々遠征で大人はバテバテ、Uだけウキウキの一日。
朝(7:30)
 ・ホットケーキ
 ・大根餅
 ・トマト
 ・豆乳+牛乳(あわせ100ccほど。メープルシロップ少量)
 ・ルビーグレープフルーツ

昼(11:00)
 ・炒飯(焼き魚(鯵)、玉葱、人参、隠元、コーン、椎茸)
 ・筍とわかめのお吸い物
 ・バナナ(1/2本)

おやつ(16:00)-出先のイートインコーナーで
 ・かぼちゃちっぷ(キユーピーよいこになあれおやつ)(1/2袋)←商品的にはこちら

夕(19:20)-大人食はスーパーで買った総菜お弁当
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・まあぼ丼の素(BF。キッズキユーピー)(1袋)-丼にせずおかずとして出した。
 ・キャベツとレーズンのサラダ-なんかこればっかりだ
 ・すいか(1/8玉の1cm幅分)

食べられればよし、の夕食


昼寝:13:40ごろから40minほど(移動の車内で)
散歩:午後5時間外出。
起床&入眠:6:10、20:50
-----
 住宅メーカーの担当氏、不動産会社の担当氏と5人、遠隔地まで土地を見に行く。
営業車にチャイルドシートがついていなかったのが一番だったが、なにより電車の乗り継ぎや利便性など実際に電車に乗って確認したいという相方の発案により、わが家のみ電車でいったため行きも帰りも暴れはしないかとドギマギ。
相方がよくUを見てくれたし、Uも大人しくしてくれて助かった。
ちょっと疲れたけれど遠征散歩のようでもあり、Uも現地(造成したばかりの箇所多く、Uにしてみれば広い公園)で駆け回っておおはしゃぎしてくれてよかった。

 住宅メーカーの担当氏、本当にいい方で、いやもしかしたら私たちから一歩離れた瞬間鼻からタバコの煙出しつつ「ケッ。たりぃ家族だ、やってらっれっか」と素手で熊の首の骨でもごりごり折るようなクマ殺しの○○、という人物かもしれないけれど、そんなことをみじんも感じさせない人なのだ。

 (*)ってそんなことしてないと思います。というかクマ殺しの、という場合は人物像的に意味が違…

相方曰く「(担当氏)がかわいくてさー」
相方にそっちの気がある、わけでは無論ない。(担当氏は男性)
そのぐらいまっすぐで気持ちのいい方なのだ。が、しかし、30男同士でかわいいもなかろうよ、相方よ…。

 そうだ、ここはそんな話ではなかった。
Uは最近自分のことを指しながら「(ゴンザ)レシュ~(仮名)」と名前を呼ばわるのが面白いらしい。
そんなUが朝5時ごろ急に布団の中でフフフ…と笑い出した。
今日は遠征があるのに早朝起床か?と思ってそちらを見るとU、くすくす笑いながら「レシュ~、レシュ~(仮)」と自分を指している。目を瞑ったまま。
寝ぼけか、と無視を決め込んだら今度は怒って「レシュ!」と叫ぶ。
仕方なく「うん、そうだねえ、ゴンザレス(仮名)は今家にいて、ねんねしてるね」と応えると、フフウ~と笑ってまた熟睡してしまった。
一体どんな夢だ?
 
7月9日(土)の幼児食・昼寝
2005年07月11日 (月) 22:20 | 編集
2歳0ヶ月。昼寝はもう諦めた。の一日。
朝(7:00)
 ・ミルク食パンのトースト
 ・キャベツと隠元の巣籠もり卵(卵黄のみ)
 ・トマト
 ・無調整豆乳+牛乳(あわせ100ccほど。メープルシロップ微量)
 ・プラム(1/2個)

昼(12:15ごろ)-私は調理のみして外出。相方担当のため詳細不明。大人食はマック。
 ・焼き海苔おにぎり(子供茶碗大盛り一杯)
 ・大根と人参、水菜の肉団子スープ、カレー風味-大根と人参が結構残っていた。
 ・ルビーグレープフルーツ

おやつ(15:40)
 ・芋羊羹-蒸かし芋をFPにかけた後バターで軽く炒ってから型にいれ冷やしたもの。まとめて作って小分け冷凍しておいた分。
 ・野菜ジュースオレ(野菜生活100(緑)+牛乳)

夕(18:50)-大人食はトンカツ。取り分けアレンジ。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・トンカツのトマトソース和え-トンカツの衣を取り、(玉葱+人参+アスパラガス+トマト)のソースで和えたもの
 ・長芋、水菜、豆腐のおみそ汁-大人には不評…
 ・バナナ(1/2本)

おみそ汁不評の夕食


昼寝:なし-17時頃一度寝そうになったが相方のお陰で復活、夜までもった。
散歩:午前中2時間
起床&入眠:6:30、20:50-就寝から20分で寝た。
-----
 今日も昼寝なし。私が歯医者のため昼食は相方がみてくれた。どうもありがとう~。

ところで大人の昼食はまたもマック。
何にしようか?と家にいる相方に電話をしたらトマトマックグランで、と答えがきた。私もそれでいいか、と2つセットを頼んだ。
レジのお姉さん、しっかり「トマトマックグランのセットお二つですね?かしこまりました」と復唱した上にかしこまったというのに、持ち帰って開けてみたらトマトチキンフィレサンド。
しかも二つとも、だ。
マックグランはチキンだったかもだ(戸田奈津子風)

もはやトマトしかあっていない。
なんていうか、トマトだけあっていればいいのならトマト大福でもトマト銀行でも入れてくれ!というぐらいのしょんぼり感。
二人揃って「100%ビーフ」の口になっていたので、広がるチキンフィレ風味がとても悲しい。チキンは好きなのだが期待と違う風味というのがいただけない。
いや最後までしっかりいただいたけれども。
 
7月8日(金)の幼児食・昼寝
2005年07月09日 (土) 02:22 | 編集
2歳0ヶ月。この食事日記、いつまで続けるかなあ…。「ぁち、あわー」(ともだち、こんにちはー)の一日。
朝(7:15)
 ・梅ジャム入りミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・キャベツの千切り
 ・トマト
 ・豆乳+牛乳(無調整豆乳70%ぐらい)
 ・ルビーグレープフルーツ(2房)

昼(12:30)
 ・しらす炒飯(しらす、玉葱、人参、隠元、コーン)
 ・わかめスープ(ネギ)
 ・バナナ(1/2本)

夕(18:10)-おやつ抜きのため空腹マキシマムでお風呂が後。大人食とメニューは同じだけれどメインはUの分だけ別途作る。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)
 ・酢豚(豚肉(軽く味付けして炒めた)、玉葱、人参、ピーマン、椎茸、筍)
 ・大根、水菜、とうふのおみそ汁
 ・プラム(1/2個)

昼食、過熱で褪色ピーマンの夕食


昼寝:14:40~16:30(1h50min)-寝ないと思って油断した
散歩:午前中2時間(遠回りして児童館)
起床&入眠:6:30、20:50
-----
 今日も昼寝をする気配がなく、こちらが眠いのを堪えて相手をしていたら突然14:30ごろ「うふふふふ」とUが笑い出す。
も、もしや?と思ったら案の定コロンとリビングの床に転がる。
待て待て、と慌ててお昼寝マットを広げて再度コロンing。
ほどなく寝てしまった。さあ、私は起きて家事を…という夢を見ながら一緒に寝てしまい、起きたらなんと16:30だよ!寝過ぎ!私が!

 児童館ではぶつかりそうになった他の子をじーっと見て、指さしたと思ったら「ぁち!あわーーー!」(ともだち、こんにちは!)とお辞儀をした。
びっくり。

 それにしても離乳食開始1日目からつけ続けている(*)この離乳食/幼児食日記、いつまで続けよう。

 (*)このblogには幼児食からのみ。

一応食材がほぼ大人と一緒になるのは3歳から、とはいうけれど…。
 
そう、食器なのだ。
2005年07月09日 (土) 00:43 | 編集
 すぐに書くつもりが日々のことだけでいっぱいいっぱいになってしまってすっかり1週間以上経ってしまったが…。

千代子さんが書かれたこと、そうなんだよ!と膝を打ってしまった。
1週間以上前のことなのですでに1週間以上ひざを打ち続けていることになる。これは痛い。

なぜシンプルなベビー食器がないんだろう・・・
そして、なぜ皆メラミン製?

(「チョコレット・ママ」より転載)


ほんと、なんでメラミン製なんだろう?と常々不思議だった。

 確か20年ほど前にその危険性が叫ばれて学校給食の食器から消えたはずだ。
このあたりはたぶん30代以上のかたは記憶にあるのではないだろうか。
そういいつついま使っているリラックマのランチプレートも結局メラミン製なので他の食器とは別途手洗いで、食器洗い乾燥機の乾燥が止まってから余熱で乾かしている日々だ。
 正しく使えば怖くないのかもしれないけれど、そうして構造の違うスポンジと比べてはいけないのかもしれないけれど、掃除にメラミンスポンジを使っているとやはりたまに不安を覚える。

 (*)食器洗浄にメラミンスポンジを使っているわけではありません、念のため

 Uの食器に最近陶器を少しずつ使い始めているけれどまだまだ興奮すると星一徹返しをして割ってしまうので恐くて使いづらい。
以前買ったコンビのセットが中心になっているものの、大食いだからそろそろ盛りきれない。

 なにかいい食器ないかしらん。
そりゃもちろんUのために、そうして水が無駄にならないから地球のために。
ひいては一括して食洗機で洗えるから自分のために…。

 (*)…すみません、きれい事言いました。前者:後者比、4:6ぐらいです、ハイ。

 ついでに…。
キャラクターもの全般は私も産前苦手だった。
どうせ親が好きなのを子に押し付けてるんでしょ、とも思っていた。
しかし、だ。
たとえば我が子がぱんつぱんくろうなぞ見て「ぽ!ぽ!」と叫び始めたとき。
お絵かき先生を持ってきて「ママ、ぽ!ぽ!」(ぱんくろう描いて)と叫び始めたとき。
きっとあなたは変わるはず、そう、キャラクター容認派へと…フフフフフ…。


←U的に幸せな絵。ぱんくろう、コミンゴ、いちご、バナナ。

 (*)千代子さんへ:変わらなかったら、申し訳ありませんです。
 
7月7日(木)の幼児食・昼寝
2005年07月07日 (木) 21:04 | 編集
2歳0ヶ月。そろそろ昼寝がなくなってきたよ…の一日。
朝(7:25)
 ・苺ミルク食パン(8枚切り1枚分)
 ・玉葱としらすのサラダ
 ・トマト
 ・杏(1個)

昼(12:40)
 ・そうめん(わかめ、人参、水菜)
 ・切り干し大根の煮物-小分け冷凍しておいた分
 ・胡麻奴-冷や奴にすりゴマ載せただけ
 ・杏(1個)

おやつ(15:50)
 ・さつまいもの巾着(黒ごま)
 ・野菜ジュースオレ(野菜生活100(緑)+牛乳)(70ccぐらい?)

夕(18:50)-大人食取り分け。お風呂先。食べ始めて10分後に寝てしまう。
 ・ご飯(子供茶碗一杯)-ほとんど残す
 ・鯵の南蛮漬け(玉葱、人参、トマト、水菜)-丸ごと食べられるようしっかり揚げてあるが、一応Uの分は頭としっぽは取って輪(?)切り。浸け汁はUの分を別途作る。
 ・舞茸、豆腐、ネギのおみそ汁

投げやり感満点の昼食、夕食


昼寝:なし
散歩:午前中2時間(買い物~公園~買い物)
起床&入眠:6:20、19:25
-----
 2ヶ月ほど前から「昼寝までが長い」と嘆いていた私の脳裏には、うりさんがブログで書かれていたことが浮かんでいた。
体力の有り余るちょんは、お昼寝をあんまりしなくなってしまいました。
もしや、と思っていたが、うちもいよいよそんな時期がきたようだ。
 そういえば公園で会った2歳4ヶ月児のママ友も
「2ヶ月ぐらい前から昼寝をしない日が増えてきたわ」
と言っていたっけ。
ああとうとうXデー来る。

ごめんよ、U、かーちゃんなんだかとっても眠いんだ…。

 (*)早く寝てください

 そんな日に限って、なぜかスーパーで久しぶりに見た豆鯵に心惹かれ「そうだ南蛮漬けにしよう!」などと思い立ってしまった私。
この「そうだ~しよう」は昨日もドハマリしたばかりというのに学習機能がまったくないのがいいところ。…あ、いや。

 で、結局というかやはりというか「くっ…な、なんでこんな日に」と自分を呪いながら大量の豆鯵を下処理する羽目に。
小鯵で充分だった。
こんな小さいの、内臓もぜいごも取りづらいことこの上ない。
この上ないというのはつまり最上級ということだ。
最上の面倒くささだったということだ。
相方にわかるように書くならば通常の三倍ぐらいの面倒さだったということだ。
何故だ!「…豆鯵だからさ。」ジーク・鯵!ジーク・鯵!
(デンパ受信中)

ああもうしつこいけれど、ほんとに念を押したいぐらいだったのだ。

くううううう。小さいから指だけの作業とはいえ数多すぎ!!
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。